ホンダの新型「フィット」、トヨタを猛追

9月末までの累積受注は5万7000台を記録

ただ、あまりのハイブリッド車人気のため、ハイブリッド車のキーパーツであるハイブリッドユニット(トランスミッション)の生産が追いつかない状態にもなっているとのこと。早急な増産体制を整える予定だ。

新型フィットの追撃を受け、トヨタもアクアのマイナーチェンジで、近々に燃費トップの座を奪い返す見込み。ただ、ホンダも「現行車種はまったく新しいハイブリッドシステムのため、システムに余裕を持たせている。ポテンシャルは高く、熟成を進めることで、まだ上の燃費を引き出せる」と、燃費競争では一歩も引かない構え。両社の戦いはさらに激しくなりそうだ。

(撮影:梅谷秀司)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT