麻生発言「改ざんは個人の資質」に漂う違和感

「どの組織だって改ざんはありうる」は本当か

麻生財務相は「どの組織だって改ざんはありうる」と発言したが……(写真:ロイター/Toru Hanai)

森友学園への国有地売却をめぐる財務省公文書改ざん問題で、麻生財務相は5月8日記者団に次のように述べた。

「どの組織だって改ざんはありうる話。何も大蔵省(財務省)にかぎんなくたって、会社だってどこだって、ああいうことやろうと思えば、その個人の問題でしょうから。そういった意味では、私どもとしては組織としてどうのこうのという意識で思っているわけではない。個人による資質とか、そういったものによるところが大きかったのではないかなと思っています」

筆者はこれまで食品表示偽装をはじめ数々の企業不祥事を取材する一環で、社会心理学研究者に話を聞いてきた。その経験をもとに、麻生財務相の発言の問題点を指摘したい。

組織性犯罪は個人の資質よりも組織の風土が原因

企業組織での犯罪はふたつの種類がある。ひとつは「職務犯罪」とよばれ、社員が会社のお金を横領するなど、社員が加害者で会社は被害者となる。もうひとつは「組織性犯罪」とよばれ、いわゆる組織ぐるみで不正を行い隠ぺいする。加害者は企業などの組織で、被害者は社会や消費者といった組織外部になる。

職務犯罪が個人的な事情が原因になって起こるのに対して、組織性犯罪は個人の資質よりも、組織の風土や文化によって引き起こされるという違いがある。 

この研究の基本には米国の犯罪社会学者サザランドの「ホワイトカラー犯罪研究」がある。

次ページ「ホワイトカラー犯罪」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT