麻生発言「改ざんは個人の資質」に漂う違和感

「どの組織だって改ざんはありうる」は本当か

それでは、集団規範によって、組織の成員に共有されている価値観、行動様式で最優先されるものは何だろうか。それは成員が所属する組織が存続することである。当然といえば当然だが、そこに組織による不正や隠ぺいが生じる陥穽があるのだ。

たとえば企業全体としては法令順守を掲げていても、その下部組織が売り上げや純利益、あるいは製品の性能など数値で計れる場合に顕著なのだが、改ざんやその隠ぺいによって組織全体の目標を達成したことに偽装すれば、下部組織として生き残ることができる。

タコツボ化した組織内では法令違反が起こりやすい

社会的には法令違反は許されないし、一企業としても容認することは公式にはありえないが、縦割りされタコツボ化した組織内では法令違反が起こりやすい。これも社会心理学でいう「集団の凝集性」が機能するためである。集団の継続過程で、各成員は他の成員の持つ規範との関係で思考するようになるため、所属集団による規範形成力が強まるのだ。

端的に言うと、法令を遵守するより優先されるのは、自分たちが所属する下部組織が会社の中で生き残ることだ。そしてこれは同時に集団の凝集性(まとまりや結束力)を高度化し成員の連帯が生じる。集団規範は同調者に対する報酬の規準として機能する一方で、逸脱者に対する制裁機能も持つので、同調圧力に抗して疑問の声を上げることは困難である。

社会心理学では組織における意思決定や組織性犯罪の成り立ちについての数多くの研究がある。こうした知見を体系的にビジネス現場に取り入れなければ、組織による情報の改ざん隠ぺいを防ぐことは難しいだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT