『転職にまつわる誓約書はどこまで有効ですか?』(37歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『イニシアチブはあくまで労働者側にある』
 
 では貴殿の場合はどうでしょう。業務内容や会社によって一概には言えませんが、主任クラスで経営内容に関わるような機密情報にタッチすることはまずないはずです(逆に、もし本当にそんな仕事をしていたと言うのであれば、企業側はそれだけの処遇を保障しておく必要があったわけです)。

 特定の内部情報(たとえばSEとして把握したクライアントの内部情報)を新しい職場で活用するような場合は問題ですが、ご相談内容を見る限り、これも該当はしないと思われます。
 
 ですから、小言の一つくらいは言われるでしょうが、まず問題はないでしょう。

 ちなみに、一般の従業員にまでこういった誓約を取るのは、簡単に言えばはったりですね。転職先に相談してもかまいませんが、「現在の業務内容が一般従業員レベルに収まるものであること」を説明すれば、気にはされないはずです。

 安心して転職してください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT