マツダが瀬戸際から復活を果たせた根本理由

車種の絞り込みと混流生産が競争力を生んだ

進退窮まったマツダは、10年後のグローバルマーケットを維持するのに最低限必要な車種をギリギリまで絞り込んだ。それはZoom-Zoomを体現するために必要な車種構成でもあった。

○乗用車ライン
・デミオ(日本、アジア、欧州)
・アクセラ(全世界)
・アテンザ(日本、北米)
○SUVライン
・CX-3(日本、アジア、欧州)
・CX-4(中国)
・CX-5(全世界)
・CX-9(北米)
○スポーツカーライン
・ロードスター(日本、北米、欧州)

この8車種のどれを欠いてもZoom-Zoomと世界戦略が維持できない。人間困り果てたときは知恵が出るもので、マツダはここでコモンアーキテクチャーと混流生産という技術を確立した。

コモンアーキテクチャーと混流生産

コモンアーキテクチャーはプラットフォーム流用の反省点から作り出された。プラットフォーム流用とはつまり部品の流用だ。ところが先ほどのエンジンの例を見ても明らかなように、部品を流用すると各車に最適化はできず妥協することになる。性能だけではなく開発や生産性、商品力に歪みが生じるのだ。

共通のプラットフォームを多ブランドで展開するのではなく、マツダブランドの縦のラインナップを作りやすいように共通項を持たせるコモンアーキテクチャー。固定と変動をうまく按分する目利きが必要だ(写真:マツダ提供)

マツダはコモンアーキテクチャーを説明するとき、「固定と変動」と言う。固定する部分を徹底的に同一にし、それ以外の部分を変動させる。

たとえば排気量の異なるエンジンに、部品共有を優先して同じインテークマニホールド(エンジンの吸気管)を流用するとしよう。すると燃焼室体積と吸気系の体積比率が変わる。こうなるとまずちゃんと燃えるかどうかからやり直しだ。燃焼の制御をゼロベースでやり直すことになる。

現在のエンジンは緻密な燃焼制御を必要としているので、むしろ基礎開発時に使ったシミュレーションの数理モデルを維持するほうが、開発コストが下がる。荒っぽく単純化してしまえば部品の流用より、仕向地ごとの規制をクリアするために大量に用意しなくてはならない制御プログラムの流用のほうがコストダウン効果は大きいのだ。

次ページ見方を変えると…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT