日本発!トランスフォーマー風人型ロボット

人を2人乗せた状態で車型にも人型にも変形

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

約60秒でスポーツカーに変形可能なトランスフォーマー風人型ロボットが、4月25日、日本で初公開された。

このロボット、J-deite RIDE(ジェイダイト・ライド)は、変形ロボットアニメや合体ロボットアニメのファンで、BRAVE ROBOTICS(ブレイブ・ロボティクス)代表取締役の石田賢司による発想の産物である。

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

「自分は、ロボットにはそういうことができなきゃいけないものだと信じて大人になりました。それがこのロボットを作るモチベーションになったんです」と石田はロイター・テレビジョンに語った。

青と白を基調とするこのロボットは身長3.7メートル(12フィート)で、人を2人乗せた状態で車や人型に変形できる。

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

このロボットを「高価なおもちゃ」だと思う人もいるかもしれない。しかし石田がいうには、これは人々を奮い立たせることを目的としたものである。

このRIDE(ライド)は、ロボット・コンサルティング企業のアスラテックと、遊戯機械メーカーの三精テクノロジーズとの共同開発によるものである。

(報告:ヒュン・オー、記事:ダレン・シュトラー)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。