日本発!トランスフォーマー風人型ロボット

人を2人乗せた状態で車型にも人型にも変形

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

約60秒でスポーツカーに変形可能なトランスフォーマー風人型ロボットが、4月25日、日本で初公開された。

このロボット、J-deite RIDE(ジェイダイト・ライド)は、変形ロボットアニメや合体ロボットアニメのファンで、BRAVE ROBOTICS(ブレイブ・ロボティクス)代表取締役の石田賢司による発想の産物である。

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

「自分は、ロボットにはそういうことができなきゃいけないものだと信じて大人になりました。それがこのロボットを作るモチベーションになったんです」と石田はロイター・テレビジョンに語った。

青と白を基調とするこのロボットは身長3.7メートル(12フィート)で、人を2人乗せた状態で車や人型に変形できる。

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

このロボットを「高価なおもちゃ」だと思う人もいるかもしれない。しかし石田がいうには、これは人々を奮い立たせることを目的としたものである。

このRIDE(ライド)は、ロボット・コンサルティング企業のアスラテックと、遊戯機械メーカーの三精テクノロジーズとの共同開発によるものである。

(報告:ヒュン・オー、記事:ダレン・シュトラー)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT