日本発!トランスフォーマー風人型ロボット

人を2人乗せた状態で車型にも人型にも変形

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

約60秒でスポーツカーに変形可能なトランスフォーマー風人型ロボットが、4月25日、日本で初公開された。

このロボット、J-deite RIDE(ジェイダイト・ライド)は、変形ロボットアニメや合体ロボットアニメのファンで、BRAVE ROBOTICS(ブレイブ・ロボティクス)代表取締役の石田賢司による発想の産物である。

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

「自分は、ロボットにはそういうことができなきゃいけないものだと信じて大人になりました。それがこのロボットを作るモチベーションになったんです」と石田はロイター・テレビジョンに語った。

青と白を基調とするこのロボットは身長3.7メートル(12フィート)で、人を2人乗せた状態で車や人型に変形できる。

(写真:REUTERS/Toru Hanai)

このロボットを「高価なおもちゃ」だと思う人もいるかもしれない。しかし石田がいうには、これは人々を奮い立たせることを目的としたものである。

このRIDE(ライド)は、ロボット・コンサルティング企業のアスラテックと、遊戯機械メーカーの三精テクノロジーズとの共同開発によるものである。

(報告:ヒュン・オー、記事:ダレン・シュトラー)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。