33歳MBA会計士が手にした「人生第二章」

東京の会社員から、アジアのリーダーへ

しかし、その理由を聞いてみて、納得した。シカゴ・ブース卒の森田博和さんが言っていたように、起業は冷静、かつ、合理的な決断の結果でなくてはいけないのだ。

これまで、中国やインド、南米などで、成功した日本人起業家に話を聞いたことがあるが、成功の秘訣は、その起業家が持つ現地でのネットワークとビジネスモデルにあった。

新興国で起業したいのなら、一刻も早く現地に行ったほうがいいという人もいるが、自分が直観で「今、この国で起業したい」と思ったときが、最適のタイミングなのだろう。

大橋さんに、インドや中国に進出するのは、10年後ぐらいですか?と聞いてみたら、「いえ、5年後を目指しています」と言いきってくれたので、少しうれしくなった。

筆者の経験で言えば、MBAネットワークが密接につながっているのは卒業後2~3年。10年も経てば、クラスメートの半分ぐらいが音信不通となる。このネットワークを生かして、海外で起業するならば、卒業後なるべく早く起業したほうが得策なのだ。大橋さんには、初志貫徹で、早くアジアの舞台でMBA会計士として活躍してほしいと思う。

”MBA後”にはかけがえのない人脈と、新天地での活躍が待っている

さて、『世界最高MBAの授業』には、今月紹介した3人の起業家のほかにも、全15人のその後を掲載している。中には驚くような決断をした人もいる。

彼らは現在、日本だけではなく、アメリカ、アフリカ、アジアのそれぞれの新天地で活躍中だ。

超一流MBA校で戦った日本人らしく、世界に挑戦し続けていることを頼もしく思う。

2014年度の入学生を選考するトップビジネススクールの面接試験はもう始まっているが、卒業生として、面接官として、ひとりでも多く「超一流MBA校で戦う日本人」が誕生することを心から願っている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。