33歳MBA会計士が手にした「人生第二章」

東京の会社員から、アジアのリーダーへ

目指したのは、日本とアジアを結ぶビジネス。MBA取得後は、そのビジョンを達成できる会社を起業しよう、と決めていたという。

デューク留学中は、グローバルリーダーとしての視点を身に付けることを主眼に置いた。

デューク大学フュークアビジネススクール
アメリカ東部ノースカロライナ州、デューク大学の経営大学院。1969年創立で米トップビ ジネススクールの中で最も新しい学校のひとつ。学生数は1学年約450人と少人数制。ヘルスケア、環境分野などのプログラムが充実していることでも有名。 アップル社の現CEO、ティム・クック氏の出身校でもあり、同社へ就職する学生も多数。グローバルプログラムにも積極的に投資しており、2014年より中 国崑山校が開校予定

中でも、最も影響を受けた授業は、「管理会計」(シェーン・ディコリ准教授/スコット・ディレン准教授)の授業だった。

「この授業は、僕の会計への認識を大きく変えてくれました」。大橋さんは、断言する。

これはデュークで最も有名な授業のひとつで、経営者の視点から会計の数字を読むことをたたき込まれる。

「会計上の数字の説明のしかた次第で、人がクビになったりすることもある現実を学びました。会計とは実はとても人間的なものだということを実感できる授業でした」(詳細は『世界最高MBAの授業』(東洋経済新報社)をご参照ください)。

インドで見つけた、自分の立ち位置

卒業後の起業を見越して、アジアでの人脈作りにも邁進した。

大橋さんは、デューク留学中、インディアン・スクールオブビジネスに交換留学。およそ2カ月間、インドのハイデラバードで、日本人留学生第4号として、700人のインド人学生とともに、インドのビジネスを学んだ。そこで、起業への思いがますます膨らんだ。

「留学してみて初めてわかったことですが、アメリカでも、インドでも、優秀な学生はベンチャー企業で働くか、自ら起業する道を選びます。僕のインドでのルームメイトも起業家でしたが、彼らのあふれんばかりのエネルギーと接するうちに、『自分も起業に挑戦したい』と思うようになりました」

しかし、結果的に、インドではなく、東京で起業することにした。

「実は、インドに滞在中、近い将来、起業することを想定して、市場調査をしていたのです。その結果、自分がやりたかった日本企業向けのコンサルティング事業を始めるには、東京できちんと組織を作ってから進出するべきだという結論になりました。現地で実績もなく、いきなり情熱だけで開業したところで、クライアントを一から開拓していくのは、現実的ではありません」

次ページ欧米と違う、中国式ネゴシエーション
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。