これだけ!疲労回復を早める簡単ストレッチ

動かないことが原因の「静的疲労」に効く

疲労回復を促す方法とは?(写真:mapodile / iStock)

最近、体を動かしていないのに、なぜか日中疲れていつも眠い。睡眠時間をたっぷりとっているはずなのに、昼間眠くてだるい……と、感じている方は少なくないのではないでしょうか。

昼間の眠気は、疲労が蓄積しているサイン。1日の疲れはその日のうちにとるのが疲労をためないコツです。寝る前のストレッチで疲労回復を促す方法を、トレーナーの坂詰真二さんに伺いました。

疲れをとるには自律神経を整えることが大事

疲労回復も疲れが残るのも、疲労感を左右しているのが自律神経。自律神経は疲れやストレスを回復させるために、副交感神経と交感神経の2つがバランスをとりながら、生活リズムを整えています。

当記事はVOCEウェブサイトの提供記事です

例えば、朝起きると交感神経が優位になることで、シャキッと目覚めて活動が活発に! そして、夕方頃から徐々に副交感神経が高くなってくることで、体はお休みモードへ移行する準備を始めます。

ところが、副交感神経が高くなっているはずの夜中まで、テレビやスマホを見ていると自律神経は緊張状態になり、交感神経が優位な状態が続きます。その結果、寝付きが悪くなったり、1度眠れたとしても睡眠の質が下がってしまうため、疲れがとれません。

また、生活習慣だけでなく、ストレスによっても自律神経は乱れます。日中、イライラしたり、緊張する場面が続くと、交感神経が急上昇。夜になっても交感神経がなかなか下がらないので、不眠状態になることもあるのです。

このように自律神経の乱れが体内リズムを狂わせます。そして、疲労回復に不可欠な睡眠の質が下がるので、「アラサーだからまだまだ若さで押し切れる!」などと思っていても、疲れがとれない状態が続いて、慢性疲労に悩まされるようになるのです。

次ページほどよく体を動かすと疲労回復が早くなる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。