米ワーナーのテーマパーク、UAEにお目見え

今年7月に開業、アブダビのヤス島に建設

 4月18日、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビは、今年7月に開業するワーナー・ブラザースのテーマパークが観光客の大幅増につながることを期待している。写真はメディア向けプレビューに登場したバッグス・バニー(2018年 ロイター/Christopher Pike)

[アブダビ 18日 ロイター] - アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビは、今年7月に開業する米エンターテインメント大手ワーナー・ブラザースのテーマパークが、観光客の大幅増につながることを期待している。

同パークはアブダビのヤス島に建設され、スーパーマン、バットマン、トムとジェリー、バッグス・バニーなどのキャラクターに関連するアトラクションが楽しめる。建設費は10億ドル(約1074億円)。

ワーナー・ブラザースのテーマパークの開発を手掛けるミラルのモハメド・ハリファ・アル・ムバラク会長は18日、メディア向けのプレビューで「このテーマパークは長期的に続くもので、持続可能な事業計画がある」と記者団に述べた。

石油資源の豊富なアブダビは経済の多様化を目指し、観光、産業、インフラに数十億ドル規模の投資を行っている。

現在ではフランスのルーブル美術館の別館「ルーブル・アブダビ」が設置され、自動車レースF1のアブダビ・グランプリが開催されているほか、グッゲンハイム美術館なども建設中だ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?