生殖器で呼吸する亀、絶滅危惧種リスト入り

「カクレガメ」が絶滅危惧爬虫類リストに

 4月13日、ロンドン動物学協会は、オーストラリアに生息するカクレガメ(メアリー・リバー・タートル)を、絶滅危惧爬虫類リストの29番目に加えた。写真は2008年にソーシャルメディアに掲載された写真(2018年 ロイター/Chris Van Wyk)

[シドニー 13日 ロイター] - ロンドン動物学協会(ZSL)は、オーストラリアに生息するカクレガメ(メアリー・リバー・タートル)を、絶滅危惧爬虫類リストの29番目に加えた。

カクレガメは、生殖と排泄の機能を持つ総排出腔を通じて呼吸し、頭部にモヒカン刈りに似た形状に成長した藻を頂いているのが特徴。

豪チャールズ・ダーウィン大学の研究者マリリン・コネル氏は「近縁種を見つけるには約5000万年さかのぼる必要がある。恐竜の側を歩いていたこの動物を絶滅させれば、失敗となる」と述べた。

現在の正確な生息数は不明

ZSLによると、一時はオーストラリアで人気の高いペットだったカクレガメの現在の正確な生息数は不明。国がペット飼育を禁止したことから、1974年に取引業者が生息地の公表を拒否し、学術研究が阻害された。その約20年後、シドニーのカメ愛好家がクイーンズランド州メアリー・リバーで再発見し、種として分類された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。