1本で酔える!「高アルコール飲料」の吸引力

サントリー「ストロングゼロ」誕生の舞台裏

果物の皮まで使っている「ストロングゼロダブルレモン」と「ストロングゼロ桃ダブル」。どちらもアルコール度数は9%(編集部撮影)

たとえば「高アルコール」「甘くない」を前面に打ち出した「ストロングゼロ」が40代男性を中心に売れた一方で、「ストロングは強い男性のイメージで、柑橘系しかないので手が出ない」という女性の声もあった。そこで2011年に発売したのが、「ストロングでフルーツ系」の商品群だ。桃やぶどう、りんごといった、甘いフルーツのフレーバーを採用。また一部の定番商品以外、多くを季節限定商品とし、種類を増やすことで、季節感やイベント性を高めて消費者の購買欲を引き出している。

「働き方改革の影響で、お客様のライフスタイルも変わってきました。高まってきたのが、帰宅後、食事とともにお酒を楽しむというニーズ。今後は、この食中酒需要をさらに狙っていきます。ただ、『ビール以外は料理に合わない』というイメージはまだまだ根強いと考えています。『ビターシリーズ』などの新商品を発売するほか、料理とともに試飲していただけるプロモーションなども企画しています」(井島氏)

ビターシリーズとは、2016年に発売した「ビターレモン」、この3月発売の「ビターライム」などのこと。レモンやライムなどの柑橘系を使用し、シャープな味わいを強調している。

くつろぎのためのひとときを演出

ここで話は転じるが、働き方改革で「家飲み」が増加するのに伴い、「プレミアム需要」も高まってきているという。

「夕食後のひとときに飲んでいただくことで、ちょっとした余韻や、ぜいたくさを感じられるお酒です」(井島)

ブランデーを使用した「こくしぼりプレミアム」(編集部撮影)

これにあたるものとして同社で打ち出しているのが2種類。果実の味でぜいたくさを表現する「こくしぼりプレミアム」と、本格的なバーの雰囲気を味わえる「ザ・カクテルバー プロフェッショナル」だ。こくしぼりは「ストロングフルーツ」と同様、季節ごとに限定商品を打ち出し、女性を中心に販売を拡大しているという。

このように、アルコールの飲み方、好みは人によってさまざまだ。消費者が求めるのは、晩酌や食後、寝る前といった、くつろぎのためのひとときをいかに演出してくれるか。仕事を持つ社会人であれば、長時間にわたり、大量に飲み続けるという人は少ないだろう。高アルコールにせよ、フルーツのおいしさにせよ「1本で満足感がある」ことに大きな価値があるのではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。