「食べ放題」「飲み放題」の"損得"を考えてみた

一体どうすれば元を取れるのか?

食べ放題と飲み放題での損得勘定を考えます(写真:taka / PIXTA)

忘年会の季節がやってきた。幹事さんにはご苦労様というほかないが、参加者すべてを平等に満足させるのは国連決議並みの難題だろう。

なかでも、いちばん頭を痛めるのは会費だが、その際に一定の納得を得られる魔法の呪文が「飲み放題付き」だ。われわれは、とにかくこの「食べ放題」「飲み放題」の文字を目にすると、つい思考停止して舞い上がるものだ。いくら飲み食いしても定額である、これ以上払う必要がないと言われると、お財布を気にせず飲食を楽しむことができるのだから。

そして、次に考えるのは「必ず元を取る、元を取ったうえで、できるだけ飲む」だろう。自戒を込めて言うが、酒飲みの心理とはそういうものだ。しかし、そこで思考停止してしまってはいけない。この食べ放題と飲み放題での損得勘定を考えてみよう。

そもそも「元を取る」と思った時点で勝負あり?

この連載の記事一覧はこちら

まずは食べ放題だが、結論から言えば「トクはしない」だろう。その答えはわれわれ自身が知っている。なぜなら、皆が考えることは「元を取ろう、元を取るまで食べよう」ではないか。つまり「元を取りたい」と考えること自体、普通に食べたら元が取れないはずだと悟っている証拠で、知っていながら自ら損する勝負に挑んでいるのだ。

ホテルのビュッフェなら、ランチであっても3000円程度はかかるものだ。しかも、並んでいるメニューの全容を目にするのは、オーダーつまりおカネを払う契約を先に済ませてからだ。これが本当に3000円の価値があるのか、吟味をとことんやってからようやくオーダーするという人はそうはいないだろう。

食べ放題の損得を論じるときに必ず語られるのが「サンクコスト」というもの。これは、すでにつぎ込んでしまった費用で、後から取り戻せないものを指す。3000円払ってしまった以上、大量に食べても1皿しか食べなくても同じことで、本気で損得について考えるなら、財布から3000円を出す前にそれをするべきなのだ。

次ページ損得を考えるなら、野菜サラダから始めてはいけない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。