1本で酔える!「高アルコール飲料」の吸引力

サントリー「ストロングゼロ」誕生の舞台裏

都内のコンビニに並ぶ「ストロングゼロ」。果実味を売りにするものから「甘くない」をうたうものまでさまざまな種類がそろう(編集部撮影)

アルコール度数の高い「高アルコール飲料」が最近のアルコール市場のトレンドの1つだ。

ビール類は2018年4月からビールの定義改正を背景に、各社が新商品を発売。2017年7月にサントリーが発売したアルコール7%の新ジャンル飲料「頂」をはじめ、アサヒやキリンビールなども、「グランマイルド」(アサヒ)、「のどごしストロング」(キリン)などが市場に並ぶ。なお、サントリーの「頂」は度数を8%にアップして2月6日にリニューアル発売後、2月末には出荷数1億本を超えた。

「安く酔える」「コスパがよい」

このところの高アルコールトレンドの一因として、2017年の酒税法改正に端を発する、アルコールの値上がりが挙げられている。「安く酔える」「コスパがよい」として高アルコールの飲料に人気が高まっている、という見方がされているのだ。

そしてチューハイ・カクテル類というジャンルにおいて、高アルコールトレンドを先導してきたのが、実はサントリーの「-(マイナス)196℃ストロングゼロ」(以下、ストロングゼロ)。2009年発売というロングセラーで、「発売時から10年目を迎えたが、販売数が毎年伸び続けている」(同社広報)商品なだけに、高アルコールチューハイの代表格と見られている節もある。SNSで一時流行した虚無的・退廃的な「ストロングゼロ文学」などと相まって、「高アルコール」という面が強調され騒がれたのもそのためだろう。

ただ、かくも消費者の嗜好も商品も多様化している今、「アルコール度数が高くて安い」という理由だけでは、1つの商品が売れ続けることはあるまい。「ストロングゼロ」が売れる理由はどこにあるのだろうか。

1つの答えとして、まずは“一定のイメージが定着している”ことがある。アルコール度数が高いことに加え、甘みを抑えているので、料理との相性がよいという点だ。「ストロング」「ゼロ」というキーワードもわかりやすい。サントリーでストロングゼロを含む-196℃シリーズを担当するRTD部課長の井島隆信氏は「変えずに訴求し続けてきたのが、『食事に合う』というイメージです」と語る。

次ページストロングゼロの“生い立ち”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT