1本で酔える!「高アルコール飲料」の吸引力

サントリー「ストロングゼロ」誕生の舞台裏

都内のコンビニに並ぶ「ストロングゼロ」。果実味を売りにするものから「甘くない」をうたうものまでさまざまな種類がそろう(編集部撮影)

アルコール度数の高い「高アルコール飲料」が最近のアルコール市場のトレンドの1つだ。

ビール類は2018年4月からビールの定義改正を背景に、各社が新商品を発売。2017年7月にサントリーが発売したアルコール7%の新ジャンル飲料「頂」をはじめ、アサヒやキリンビールなども、「グランマイルド」(アサヒ)、「のどごしストロング」(キリン)などが市場に並ぶ。なお、サントリーの「頂」は度数を8%にアップして2月6日にリニューアル発売後、2月末には出荷数1億本を超えた。

「安く酔える」「コスパがよい」

このところの高アルコールトレンドの一因として、2017年の酒税法改正に端を発する、アルコールの値上がりが挙げられている。「安く酔える」「コスパがよい」として高アルコールの飲料に人気が高まっている、という見方がされているのだ。

そしてチューハイ・カクテル類というジャンルにおいて、高アルコールトレンドを先導してきたのが、実はサントリーの「-(マイナス)196℃ストロングゼロ」(以下、ストロングゼロ)。2009年発売というロングセラーで、「発売時から10年目を迎えたが、販売数が毎年伸び続けている」(同社広報)商品なだけに、高アルコールチューハイの代表格と見られている節もある。SNSで一時流行した虚無的・退廃的な「ストロングゼロ文学」などと相まって、「高アルコール」という面が強調され騒がれたのもそのためだろう。

ただ、かくも消費者の嗜好も商品も多様化している今、「アルコール度数が高くて安い」という理由だけでは、1つの商品が売れ続けることはあるまい。「ストロングゼロ」が売れる理由はどこにあるのだろうか。

1つの答えとして、まずは“一定のイメージが定着している”ことがある。アルコール度数が高いことに加え、甘みを抑えているので、料理との相性がよいという点だ。「ストロング」「ゼロ」というキーワードもわかりやすい。サントリーでストロングゼロを含む-196℃シリーズを担当するRTD部課長の井島隆信氏は「変えずに訴求し続けてきたのが、『食事に合う』というイメージです」と語る。

次ページストロングゼロの“生い立ち”
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。