中国政府、海南島の港に自由貿易圏を設置へ

国際金融の拠点として香港に対抗する意向

Workers are seen at the construction site of the south tower of the Haikou Twin Tower project in Hainan province, China January 10, 2018. REUTERS/Matthew Miller

[北京 13日 ロイター] - 中国は海南省南部に位置する海南島の港に自由貿易圏を設置する予定だ。習近平国家主席の発言として国営ラジオが報じた。

中国は海南省を国際金融の拠点として香港に対抗する意向だとの憶測が出ている。

習近平国家主席は10日に海南省で演説し、中国の経済を一段と開放し、輸入関税を年内に引き下げる方針を表明した。悪化する米国との貿易摩擦の沈静化を図ったとみられる。

報道によると、習氏はまた海南省にエネルギーや海運関連の商品取引所を設けることを中国政府は支持すると述べた。

海南省当局は3月下旬に住宅を購入から5年以内に売却することを禁止するなど、不動産関連の規制を強化した。

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。