中国政府、海南島の港に自由貿易圏を設置へ

国際金融の拠点として香港に対抗する意向

Workers are seen at the construction site of the south tower of the Haikou Twin Tower project in Hainan province, China January 10, 2018. REUTERS/Matthew Miller

[北京 13日 ロイター] - 中国は海南省南部に位置する海南島の港に自由貿易圏を設置する予定だ。習近平国家主席の発言として国営ラジオが報じた。

中国は海南省を国際金融の拠点として香港に対抗する意向だとの憶測が出ている。

習近平国家主席は10日に海南省で演説し、中国の経済を一段と開放し、輸入関税を年内に引き下げる方針を表明した。悪化する米国との貿易摩擦の沈静化を図ったとみられる。

報道によると、習氏はまた海南省にエネルギーや海運関連の商品取引所を設けることを中国政府は支持すると述べた。

海南省当局は3月下旬に住宅を購入から5年以内に売却することを禁止するなど、不動産関連の規制を強化した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。