米中戦争は、ますます現実味を帯びてきた

「ゴースト・フリート」に描かれていること

F35には欠陥が多い?(写真:ロッキード・マーティンのF35専用ページより)

7月2日(ロイター) - 中国と米国の間で勃発する戦争。これは軍事アナリストたちに好まれる主題だ。なぜ起こるのか、そしてその戦争はどのように展開するのか。2人の著者はオンライン上に数千ページの小説を書き上げ、これらの質問に答えようとしている。

2人の著者は、本職は国家安全アナリストであるオーガスト・コールとPW・シンガーだ。2人が書き上げた小説「ゴースト・フリート」は、6月末に印刷版が発売された。

ハイテクを駆使した最新兵器は欠陥だらけ

「ゴースト・フリート」は全編416ページにおよぶ近未来小説。その内容は著者の軍事知識に裏打ちされている(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

この小説の中でもっとも輝いているのは、米国防総省が自慢する最新兵器システムの欠陥を描写する場面だ。過去10年以上に渡って、米国の納税者は、F-35統合攻撃戦闘機や沿海域戦闘艦(LCS)のような洒落た新しい武器に数兆ドルを注いできた。 多くの防衛の専門家が、それらの欠点を警告してきたが、聞く耳を持たなかった。

ロッキード・マーティンをはじめとするF-35の主な契約企業は、問題はあくまで開発段階だから起きていることで、それらは配備の時点、もしくはその後すぐに修正されると言明している。

「ゴースト・フリート」における米中戦争は、まず沿海域戦闘艦とF-35が敗れるところから始まる、その後、より古いがより信頼性の高いサンフランシスコの近くに停泊した予備役艦隊に頼ることで、戦争は終結する。米国防総省の最新のおもちゃは見事に失敗したため、ワシントンは古い武器に頼らなければならなかったのだ。

中国が米国との戦いを選ぶ理由を説明する場面は、あまり感心できないが、最近の米国の軍事投資の欠点を説明する場面には先見があるように思う。コールとシンガーは軍事研究を引用することに慣れており、小説の中でそれを行っている。「ゴースト・フリート」には豊富な脚注がある。最新技術についての注釈には、米国防総省の報道発表なども案内されている。

小説とはいえ、「ゴースト・フリート」に重みがあるのは、そのためだ。コールとシンガーは議論の余地がないほどの信用できる雰囲気の中で地上、空中、そしてインターネット上での戦いを描いた。

なぜ米軍は緒戦で敗れるのか。

次ページ最新兵器は複雑ゆえに役に立たない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。