米空母打撃群が南シナ海上で演習をした理由

中国の大規模演習に対抗か?

 4月11日、米原子力空母打撃群は、中国などが領有権を主張する南シナ海で演習を10日行った。写真は、空母セオドア・ルーズベルトの飛行甲板。南シナ海で10日撮影(2018年 ロイター/Karen Lema)

[米空母セオドア・ルーズベルト(南シナ海上) 11日 ロイター] - 米原子力空母打撃群は10日、中国などが領有権を主張する南シナ海で演習を行った。米軍は定期的な演習だと主張しており、その後、防衛協定を結ぶ同盟国フィリピンへと向かった。

米空母セオドア・ルーズベルトから、F18戦闘機20機が20分間、離着陸訓練を行い、米軍の正確さと効率性を誇示した。

この戦略的に重要な航路で哨戒活動を実施しているのは米国ばかりではない。中国、日本、そして一部の東南アジア諸国の海軍も同海域で演習を行っており、同海域における緊張が高まるだけでなく、事故発生リスクを生じている。

2つの大国が戦う戦場となる可能性

「周りに中国艦船がいるのを確認した」。空母打撃群の司令官スティーブ・ケーラー少将は、約30年前に就役した同空母に搭乗した記者団にそう語った。

中国や東南アジア9カ国を含む西太平洋で活動する海軍は、衝突を回避するため、海上では「海上衝突回避規範(CUES)」に従っている。

南シナ海における今回の米空母による航行は、中国が同海域で3月末に大規模な軍事演習を実施した後に行われた。中国の演習について、一部の専門家は、増強する中国海軍力をこのように大規模に誇示することは異例だと指摘していた。

中国海軍は11日、ソーシャルメディア上で、13日まで南シナ海で演習を行うとして、他国の艦船に警告を発した。

中国軍のプレゼンス強化は、同国が南シナ海で勝利を収めつつあるのではないかという西側諸国の懸念をかき立てている。

トランプ政権下で貿易と領土を巡る米中間の緊張が最近高まっており、世界貿易に不可欠な南シナ海がいつかこの2つの大国が戦う戦場となる可能性を周辺国は危惧している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。