ANAに学ぶ、企業サイトの「おもてなし」

東京五輪をたぐり寄せたのは滝クリだけじゃない!

ただ、こうした狙いとは裏腹に、同サイトは企業のプロモーション色を極力排除した作りになっている。サイト上で企業色が出ているのは、オープニングムービーの最後とサイトの最下部に小さく表示されているロゴマークくらい。ANAの運営するサイトだと気づかずに見るユーザーも多い。

佐野氏は「ANAの海外での知名度を考えると、企業のプロモーション色を出しては振り向いてくれない。社内にも反対意見はあったが、日本の魅力を伝えることで自然とANAを知ってもらえる形を目指した」と言う。

五輪招致でも一役

同サイトには、ANAの国内線に1万500円均一で乗れる外国人旅客向けのフェアの、小さなバナーが付いている。サイトからの流入効果により、このチケットの売れ行きは前年比で約7~8倍になっているという。国内線の普通運賃は札幌―沖縄では6万円程度するため、この料金では利益が出ないが、まずはANAに乗ってもらう狙いだ。

「IS JAPAN COOL?」の質の高さは、日本中に興奮をもたらした2020年の東京五輪決定によっても証明された。

「DISCOVER」は五輪招致でも力を発揮した

第1弾「DISCOVER」のオープニングムービーは、東京五輪の招致PRフィルムに選定され、7月のスイス・ローザンヌでのプレゼンテーションの際などに流された。同サイトの動画が東京の魅力を伝えたことが、東京五輪決定に影響を与えたかもしれない。

企業色を出さないことで、サイトとしての魅力や閲覧者からの共感度を高めたANAのアプローチ。「無欲の勝利」とも言えるこの手法、企業のウェブ戦略の参考となる点が多々ありそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。