ANAに学ぶ、企業サイトの「おもてなし」

東京五輪をたぐり寄せたのは滝クリだけじゃない!

自社のサイトをどう作ればいいのか――。

企業にとって、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を含めたWebサイト運営は、今やメディア戦略の中でも最重要項目の一つ。だが、テレビや新聞など既存のマス媒体と同じ感覚で展開して、十分な効果を上げられなかったり、思わぬ反発に遭うケースは少なくない。

そんな中、企業のWeb戦略として着実な成果をおさめ、その手法に注目が集まっているのが、大手航空会社のANAホールディングスだ。

専門サイトと見まごう「RAMEN」ページ

同社は昨年2月、外国人旅行者をターゲットに据えた特設サイト「IS JAPAN COOL?」を開設。日本好きの外国人を狙ってSNS上で告知を行い、ページビュー(PV)数は約1年半で150万と、企業サイトとしては好調なアクセス数を誇る。

同サイトは「DISCOVER」「TOKYO」「COSPLAY」「KAWAII」「RAMEN」などのテーマ別のコーナーに分かれている。各テーマ内は約1分半のオープニングムービーとトピック別の20秒程度のミニ動画、写真ギャラリーなどで構成される。

次ページ見られるサイトの条件とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT