ANAに学ぶ、企業サイトの「おもてなし」

東京五輪をたぐり寄せたのは滝クリだけじゃない!

自社のサイトをどう作ればいいのか――。

企業にとって、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を含めたWebサイト運営は、今やメディア戦略の中でも最重要項目の一つ。だが、テレビや新聞など既存のマス媒体と同じ感覚で展開して、十分な効果を上げられなかったり、思わぬ反発に遭うケースは少なくない。

そんな中、企業のWeb戦略として着実な成果をおさめ、その手法に注目が集まっているのが、大手航空会社のANAホールディングスだ。

専門サイトと見まごう「RAMEN」ページ

同社は昨年2月、外国人旅行者をターゲットに据えた特設サイト「IS JAPAN COOL?」を開設。日本好きの外国人を狙ってSNS上で告知を行い、ページビュー(PV)数は約1年半で150万と、企業サイトとしては好調なアクセス数を誇る。

同サイトは「DISCOVER」「TOKYO」「COSPLAY」「KAWAII」「RAMEN」などのテーマ別のコーナーに分かれている。各テーマ内は約1分半のオープニングムービーとトピック別の20秒程度のミニ動画、写真ギャラリーなどで構成される。

次ページ見られるサイトの条件とは?
人気記事
トピックボードAD
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。