ANAに学ぶ、企業サイトの「おもてなし」

東京五輪をたぐり寄せたのは滝クリだけじゃない!

自社のサイトをどう作ればいいのか――。

企業にとって、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を含めたWebサイト運営は、今やメディア戦略の中でも最重要項目の一つ。だが、テレビや新聞など既存のマス媒体と同じ感覚で展開して、十分な効果を上げられなかったり、思わぬ反発に遭うケースは少なくない。

そんな中、企業のWeb戦略として着実な成果をおさめ、その手法に注目が集まっているのが、大手航空会社のANAホールディングスだ。

専門サイトと見まごう「RAMEN」ページ

同社は昨年2月、外国人旅行者をターゲットに据えた特設サイト「IS JAPAN COOL?」を開設。日本好きの外国人を狙ってSNS上で告知を行い、ページビュー(PV)数は約1年半で150万と、企業サイトとしては好調なアクセス数を誇る。

同サイトは「DISCOVER」「TOKYO」「COSPLAY」「KAWAII」「RAMEN」などのテーマ別のコーナーに分かれている。各テーマ内は約1分半のオープニングムービーとトピック別の20秒程度のミニ動画、写真ギャラリーなどで構成される。

次ページ見られるサイトの条件とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 中学受験のリアル
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。