中国、米国に「同じ比率」の報復関税で対抗

崔天凱・駐米大使が言明

 4月3日、中国の崔天凱・駐米大使(写真)は、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。写真はニューヨークでアメリカ側との会合で発言する同駐米大使(2018年 ロイター/Bria Webb)

[北京 3日 ロイター] - 中国の崔天凱・駐米大使は3日、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。これを受け、貿易戦争が差し迫っているとの懸念が出ている。

国営の中国中央テレビ(CCTV)の国際放送部門である、中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)の取材に答えたもの。

米国は今週、通商法301条に基づく中国の知的財産慣行への調査を踏まえ、中国製品に対し500億―600億ドルの関税を発表するとみられている。

CGTNのウェブサイトによると、崔氏は「米国が関税を課すなら、われわれが同じ比率、規模、強さで報復措置を取ることは間違いない」と述べた。

米国による関税は、中国政府による製造業振興策「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」の恩恵を受ける製品が対象になるとみられる。ただ米当局によると、輸入制限が発効するまでには2カ月以上かかるという。

同氏は1日に中国側が公表した米国への追加関税について、同国によるアルミニウム・鉄鋼への輸入関税に対する報復措置だと説明。米通商法301条に基づいた対中制裁に関する報復ではないと話した。

さらに、中国は知的財産権の保護を強化していると述べた。

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。