中国、米国に「同じ比率」の報復関税で対抗

崔天凱・駐米大使が言明

 4月3日、中国の崔天凱・駐米大使(写真)は、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。写真はニューヨークでアメリカ側との会合で発言する同駐米大使(2018年 ロイター/Bria Webb)

[北京 3日 ロイター] - 中国の崔天凱・駐米大使は3日、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。これを受け、貿易戦争が差し迫っているとの懸念が出ている。

国営の中国中央テレビ(CCTV)の国際放送部門である、中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)の取材に答えたもの。

米国は今週、通商法301条に基づく中国の知的財産慣行への調査を踏まえ、中国製品に対し500億―600億ドルの関税を発表するとみられている。

CGTNのウェブサイトによると、崔氏は「米国が関税を課すなら、われわれが同じ比率、規模、強さで報復措置を取ることは間違いない」と述べた。

米国による関税は、中国政府による製造業振興策「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」の恩恵を受ける製品が対象になるとみられる。ただ米当局によると、輸入制限が発効するまでには2カ月以上かかるという。

同氏は1日に中国側が公表した米国への追加関税について、同国によるアルミニウム・鉄鋼への輸入関税に対する報復措置だと説明。米通商法301条に基づいた対中制裁に関する報復ではないと話した。

さらに、中国は知的財産権の保護を強化していると述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT