中国、米国に「同じ比率」の報復関税で対抗

崔天凱・駐米大使が言明

 4月3日、中国の崔天凱・駐米大使(写真)は、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。写真はニューヨークでアメリカ側との会合で発言する同駐米大使(2018年 ロイター/Bria Webb)

[北京 3日 ロイター] - 中国の崔天凱・駐米大使は3日、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。これを受け、貿易戦争が差し迫っているとの懸念が出ている。

国営の中国中央テレビ(CCTV)の国際放送部門である、中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)の取材に答えたもの。

米国は今週、通商法301条に基づく中国の知的財産慣行への調査を踏まえ、中国製品に対し500億―600億ドルの関税を発表するとみられている。

CGTNのウェブサイトによると、崔氏は「米国が関税を課すなら、われわれが同じ比率、規模、強さで報復措置を取ることは間違いない」と述べた。

米国による関税は、中国政府による製造業振興策「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」の恩恵を受ける製品が対象になるとみられる。ただ米当局によると、輸入制限が発効するまでには2カ月以上かかるという。

同氏は1日に中国側が公表した米国への追加関税について、同国によるアルミニウム・鉄鋼への輸入関税に対する報復措置だと説明。米通商法301条に基づいた対中制裁に関する報復ではないと話した。

さらに、中国は知的財産権の保護を強化していると述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT