中国、米国に「同じ比率」の報復関税で対抗

崔天凱・駐米大使が言明

 4月3日、中国の崔天凱・駐米大使(写真)は、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。写真はニューヨークでアメリカ側との会合で発言する同駐米大使(2018年 ロイター/Bria Webb)

[北京 3日 ロイター] - 中国の崔天凱・駐米大使は3日、米国が中国製品に対し追加関税を課した場合、中国も「同じ比率」と規模の報復関税で対抗するとの意向を示した。これを受け、貿易戦争が差し迫っているとの懸念が出ている。

国営の中国中央テレビ(CCTV)の国際放送部門である、中国グローバルテレビネットワーク(CGTN)の取材に答えたもの。

米国は今週、通商法301条に基づく中国の知的財産慣行への調査を踏まえ、中国製品に対し500億―600億ドルの関税を発表するとみられている。

CGTNのウェブサイトによると、崔氏は「米国が関税を課すなら、われわれが同じ比率、規模、強さで報復措置を取ることは間違いない」と述べた。

米国による関税は、中国政府による製造業振興策「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」の恩恵を受ける製品が対象になるとみられる。ただ米当局によると、輸入制限が発効するまでには2カ月以上かかるという。

同氏は1日に中国側が公表した米国への追加関税について、同国によるアルミニウム・鉄鋼への輸入関税に対する報復措置だと説明。米通商法301条に基づいた対中制裁に関する報復ではないと話した。

さらに、中国は知的財産権の保護を強化していると述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT