28歳、暴力夫から逃げた「一児の母」の間一髪

保護施設シェルターに命を救われた

暴力をふるう夫……。シェルターが自分の命を救ってくれたという(筆者撮影)
今後の人生を「シングルマザー」として生きようと決める女性が後をたたない。厚生労働省の調査では、現在、母子世帯(シングルマザー)は123.8万世帯。2003年ごろよりその数は120万世帯で、多少の前後はあってもほぼ横ばいで推移している。そのうち、79.5%は離婚が原因とされる(※)。また、養育費を「受けたことがない」女性が、母子世帯全体の56.0%もいる実態(※)も明らかになっている。
当然のことながら、シングルマザーは1人で生活費を稼ぎ、家計を支えていかなくてはならない。子どもにご飯を食べさせながら、寂しくないように心にも配慮する。「子どもが体調不良で呼び出されたら早退」などの条件で、仕事が限定されてしまうこともあるだろう。
社会問題にもなっている母子世帯の収入について、厚生労働省の調査では、平均年間就労収入200万円(平均年間収入は243万円)。預貯金額についてはいちばん割合が多いのは「50万円未満」の39.7%とのこと(※厚生労働省 2016年度 全国ひとり親世帯等調査結果より)。
金銭的には豊かとは言い難い状況かもしれない。それでもシングルマザーという道を選択し、懸命に生きる女性たちがいる。前を見据えて力強くほほ笑む姿がある。本連載はそんな彼女らの生きざまのリアルに迫る。

第1回は、夫から逃げるために着のみ着のまま家を出た、高野葵さん(28歳)を取材した。暴力などを受けた被害者が緊急一時的に避難できる施設「シェルター」の生活を経て、現在は小さなアパートの一室を借りている。3歳の一人娘を抱えて自殺まで考えたという彼女の人生を聞いた。

「死ね」と言われ続けて自分の価値を見失った

高野さんとは取材当日、新宿西口の高層階にあるレストランで待ち合わせた。レストランの雰囲気にもよくなじみ、上品で控えめにほほ笑む様子が印象的な女性だ。

シングルマザーとしてのお話を伺う予定だったが、実はまだ離婚は成立していない。2年ほど前に、夫から逃げるために子どもと着のみ着のまま自宅を出て、現在に至る。

「このままではいられないと考えるきっかけとなったのは、子どもに対する話し合いで夫に首を絞められたことですね。その前から『死ね』と言われていて、背中に包丁を突きつけられるなどありました。……でもそのとき『このまま殺されてもいいかもしれない』と思ったんです」(高野さん)

次ページ狭い空間で繰り返される言葉の暴力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT