あの「シャロン・ストーン」、驚くべき今の姿

60歳になった元祖美魔女が語る美の秘訣

持ち歩くヘアケア製品はしょっちゅう変わる。シャンプーとコンディショナーは、ダヴィネス(Davines)のナチュラルテック(Naturaltech)の製品ラインを使っていて、スタイリング剤はKMSのへアプレイ・プレイアブル・テクスチャー(Hairplay Playable Texture)が今は気に入っているわ。とっても軽いのよ。ブラッシングができるヘアスプレーもいつも持ち歩いていて、今のところセバスティアン(Sebastian)の製品を使っているわ。

時間があるときには、マッサージを受けるのが大好き。でも、私には子どもが3人いるから。それでも、家は改築が終わったばかりで、息子たちと私のシャワールーム全部にスチームが付いたの。とっても快適よ。

内面の美を支えているのは仏教

私は加工食品は食べない。カフェイン飲料は飲まないし、炭酸飲料やお酒もめったに飲まないわ。でも、お肉もダークチョコレートも食べる。紅茶にお砂糖を入れるときもあるわ。私はセリアック病(グルテンの摂取により症状が出る病気)だから、グルテンも摂らない。それ以外は、食べたいものを普通に食べているのよ。

ピラティスをやっていて、家には1台マシンがあるわ。でも、気分によってはジムに行ってサーキット・トレーニングをしたり、音楽をかけて踊りまくったりもする。ただ、壁を見つめながらランニングマシンに乗るようなタイプじゃないわね。

それから、私にとってもっと大切なのは、本当の内面の美しさ。バランスを保つためには、哲学とか、生き方とか、信念を持つことが大事だと思う。私の場合、それは仏教なの。仏教があれば元の中心に戻ることができるし、穏やかさと美、つまり自分の内面の姿や気品を得る上でも、本当に重要だと思う。

(執筆:Bee Shapiro、翻訳:東方雅美)
© 2018 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT