非合理的でもタロット占いを信じる人の心理

認知バイアスや、占い師の話術の力が大きい

なぜ人は占いを信じてしまうのか?(写真:Wiro Klyngz / PIXTA)

昔、オカルトブームというのがありました。1990年代におきたオウム真理教関係の一連の事件などによってそのブームはいったん鳴りを潜めたと言われるのですが、最近またブームが盛り返してきているように見えます。

タロット占いが「当たった」気がする理由

合理的ではないものを闇雲に避けるのではなく、非合理的だったり実証できなかったものに対して、なんとか理解しようとする態度があらためて支持を集めてきている……というか。

当記事は、マンガ新聞から転載です

今回ご紹介する『アナタもワタシも知らない世界:オカルト万華鏡』は、単に「こういうオカルト現象がありました、こわいですね」という内容ではなくて、それについてどう考えることができるのかを作者が頑張るという内容です。『美味しんぼ』のオカルト版、とでもいいましょうか。たとえば最新刊である第3巻の冒頭では「タロット占い」が題材になっています。

タロットで占ってもらうと、何故か当たった気がする、それは何故なのか。著者はこの問いを占星術の研究でも知られる鏡リュウジ氏と、先日DOMMUNEで現代オカルトの歴史を解説したタロット研究家でもあるバンギ・アブドゥル氏にぶつけます。

”タロットがなぜ当たるのか
多くの古いタイプのオカルティストたちはタロットの魂が働きかけるのだとか念力でカードを選んでいるのだとか言いましたし?あるいは潜在的なサイキック能力を喚起するのだとも
そして科学的に説明する人は「認知バイアス」つまり思い当たるようになんでも自分がこじつけるのだとも言います
(中略)
でもたぶんタロットって人間の想像力をすごく刺激する?いろいろなイマジネーションをわかせるものなんだと思いますよ?”

これは、鏡氏の回答。

次ページ依頼者の願望を引き出す話術
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT