チェーンソー、知っていそうで知らない正体

ホラー映画のように武器としては使えない

チェーンソーはどの国で多く作られているのだろうか? そして日本のメーカーはどれくらいの強さなのだろう?

「やはり自動車を作っている工業国が強いですね。第1位はドイツです。スチール社が販売台数世界1位です。2位はスウェーデンです。ハスクバーナ・ゼノア社はもともとはオートバイを作っていた会社でした。そして第3位は日本になります。やまびこ社が有名ですね」

海外での売れ行きとしては、先進国での販売台数は頭打ちになっており、新興国に順々に売れていっている状況だ。

10年ほど前にはロシアにたくさん売れた。ロシアでは別荘地の薪づくりのために購入する人が多かった。

その次にはブラジルで売れた。ブラジルでは、森林を切り開いていくのに使われたという。

チェーンソーを使ってみた

最後に、実際チェーンソーを使わせてもらうことにした。

チェーンソーは「どこで使ってはいけない」という法律はないのだが、とはいえ町中で使うわけにもいかない。

某県の山中にある、周り数キロに家屋がなく、人もほとんど訪れない公園で使用することにした。

Aさんは車のトランクから、2台のチェーンソーを取り出した。電気式のチェーンソーは専用の箱に入っており、取り出してバッテリーをはめればすぐに使える。

「電気式は、日本のメーカー、マキタ社のUC121DRFです。リチウムイオン充電池式です。コンパクトなボディですが、パワフルです」

マキタ社のUC121DRF(筆者撮影)

安全ボタンを押しながら、グリップを引くと「ギャイーン!!」とブレードが回る。かなりの迫力だ。小さい木は簡単に切断することができた。

電池式はパワーがないとのことだったが、家庭で使うには十分だと思った。

次ページAさんの目がキラリと光り…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT