「非正社員に頼る会社」が免れない3つの変化

ルール大転換で「雇用の調整弁」は維持困難に

雇用ルールの大転換を解説する(イラスト:シライ カズアキ、デザイン:新藤 真実)

総務省の労働力調査によれば、パート、アルバイトや派遣で働く非正規労働者の数は2017年末で2061万人。全雇用者に占める割合は37.3%と10年前の約3割と比べても高くなっている。2014年11月に初めて2000万人を突破して以降、さまざまな産業で人手不足が指摘されるなか、依然として非正社員の数は高止まりしている。

いわゆる正社員とは違って雇用期間を定められ、正社員と比べて賃金も相対的に低いことの多い非正社員なくして、もはや成り立たない企業や業種は少なくない。その非正社員の処遇を一変させうる制度変更が、今年春から立て続けに起きる。非正社員に頼る企業には大きな衝撃だ。

有期→無期雇用への転換、対象は450万人

第1の衝撃として、4月に始まるのが「無期転換ルール」だ。改正労働契約法によって契約社員やパート、派遣など有期雇用で通算5年を超えて契約更新する有期社員が、希望すれば期間の定めのない無期雇用に転換する。この制度の対象となるのは約450万人と推計されている。

『週刊東洋経済』は3月19日発売号(3月24日号)で、「非正規が消える―無期雇用化、同一賃金の衝撃」を特集。次々と迫られる有期社員への対応が、企業経営の浮沈を決めるキモとなる現実を描いている。

『週刊東洋経済』3月19日発売号(3月24日号)の特集は「非正規が消える―無期雇用化、同一賃金の衝撃」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

多くの会社にとって、有期社員は戦力として定着しているが、短期契約の更新を続ける不安定な雇用となっている。「派遣切り」など2008年のリーマンショックで有期社員の雇い止めが社会問題化したのを機に、彼ら彼女らの雇用を安定させるための制度改正が行われた。

企業の反応は目下驚くほど静かだ。日本労働組合総連合会(連合)が昨年4月に実施した調査によれば、有期社員の84%がその内容を知らなかった。

そのため「寝た子を起こす必要はない」と考える企業もあるようだ。実際、人材サービス会社の調査では、この無期転換ルールについて内容まで含めて知っている人事担当者は66%ながら、周知した企業は21%にとどまる。これは無期転換権の発生が半年後に迫った昨年9月末の調査だが、周知未定企業が36%も存在し、このまま周知しない企業が相当数に上る可能性がある。

次ページ周知しなくても無期転換権は発生する
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?