コロンビア「虹の川」に発生した困った事態

美しい川を維持し続けられるのか

科学者はこの地域の多様で独特な環境について、解明を進めようとしている。ここのサバンナやジャングルではジャガーやマーゲイ(小型ヤマネコ)がさまよい、グアヤベロ川ではカワイルカが泳いでいる。

サバンナやジャングルにはジャガーや小型ヤマネコが、グアヤベロ川にはカワイルカが生息している(写真:Federico Rios Escobar/The New York Times)

コロンビアの生物多様性について研究する非営利団体のフンボルト・インスティテュートで、上級調査官を務めるカルロス・ラッソは、カーニョ・クリスタレスの動物について180ページのガイドブックを執筆している。これは4年にわたる地域研究の一環だ。

「非常に独特な生態系」

1月下旬、彼のチームは2週間かけて、デューダ川、グアヤベロ川、ロサダ川を大型の丸木舟で調査した。彼らは、50種類以上の水鳥と、4種類のミズヘビ、そして150種類以上の魚を確認した。うち3種は新種の可能性があるという。

彼らはオリノコワニも発見した。オリノコワニは近絶滅種で、成長すると最大で7メートルにもなる種だ。

マカレニア・クラビヘラは、観光客を呼び寄せて経済を活性化させることで、この地域で重要な役割を果たしている。この植物は、セラニア・デ・ラ・マカレナという山岳地帯から流れ出る川にしか存在しない。これらの川の水は澄んでいて、酸性で、栄養分に乏しい。

「非常に独特な生態系だ」とラッソは言う。「そして、とても壊れやすい」。

一方で、ウペコルのサステナビリティ・マネジャーのアンジェラ・マリア・ロドリゲスは、同社の石油開発プロジェクトに関しては、間違った情報が数多く流れていると言う。ロドリゲスは、そもそもウペコルの石油採掘地は、カーニョ・クリスタレス川から遠く離れていると話す。「68キロメートルも離れているのだから、影響が出る可能性はない」。

次ページ石油開発のほかにも脅威が…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。