コロンビア「虹の川」に発生した困った事態

美しい川を維持し続けられるのか

コロンビアにある通称「虹の川」。5月に雨季が始まると、水面が上昇し鮮やかな赤い色に変わる(写真:Luis Alveart via The New York Times)

ガイドのアンジェラ・ディアスは、カーニョ・ピエドラスという名の小川の岩の上に立ち、地味な黄緑色の水草を指さした。「マカレニア・クラビヘラ」だと彼女は言い、この植物がコロンビア中央部のこの地域で、今後のカギを握っていると話した。

5月に雨季が始まると水面が上昇し、マカレニア・クラビヘラは鮮やかな赤い色に変わる。「この植物には、色が独特に変化する不思議な性質がある」とディアスは言う。「5月から11月にかけて、その色を見ることができる」。

「虹の川」のほかに注目されるもの

ギアナ高地の褐色の岩の上を流れる澄んだ水とマカレニア・クラビヘラが、毎年鮮やかな景色をつくり出す。マカレニア・クラビヘラが見られるカーニョ・クリスタレス川は、「5色の川」あるいは「虹が溶けた川」とも呼ばれ、主要な観光地となっている。

ディアスは数歩先で、タールが川岸の石に染み出しているのも見せてくれた。この地域が注目を集めているもう1つの理由がこれ、つまり石油だ。

米国テキサス州の企業が、この珍しい生態系の西側で石油の採掘を計画して論争となった。現在はその企業とコロンビア政府の間で、裁判が行われようとしている。

この地域の中心となっているのは、ラ・マカレナというグアヤベロ川沿いの小さな町だ。何十年ものあいだ、政府とゲリラ軍のFARC(コロンビア革命軍)との戦いにより、この町は訪れることさえ危険な場所になっていた。

次ページ石油会社との戦い
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。