「プリウス」を中古で買うなら押さえたい常識

トヨタ系販売店で買うか否かは分かれ目だ

大ヒットした先代の3代目「プリウス」。中古車市場に出回っている台数も多い(撮影:梅谷 秀司)

トヨタ自動車が2015年末から日本国内で販売している4代目「プリウス」。「『プリウス』が絶対王者ではなくなった理由」(3月12日配信)で解説したように、ピークに年間30万台以上を売った先代3代目(2009~2015年)ほどの勢いはないが、毎月コンスタントに1万台前後を販売。2017年も日本自動車販売協会連合会(自販連)がまとめている乗用車ブランド通称名別ランキング(軽自動車除く)で約16万台と1位を守った。

プリウスは中古車市場でも活発に取引されている

2017年1月末時点でプリウスの累計販売台数は日本国内だけで約180万台に及ぶ。年式の新しい現行4代目はもちろん、3~5年落ち程度で価格のこなれた3代目も中古車市場に出回る台数が多い。中古車情報サイトのカーセンサーをのぞいてみると、3月15日時点でプリウスの中古車は全国で約7500台の情報が登録されていた。プリウスと並ぶ売れ筋の「アクア」が同約5500台なので、やはりプリウスは中古車市場でも活発に取引されているということだろう。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「特に爆発的に売れた3代目は新車としての流通台数もかなり多かったので、下取り査定額が伸び悩みぎみだという声を聞きます。そのため中古車価格は全般的には比較的割安感があるようです」。中古車販売事情に精通しているA氏は言う。

これはプリウスに限らない話だが、自動車メーカー系販売会社が売る中古車を買うか、独立系の中古車販売業者の中古車を選ぶかは、分かれ目の1つだ。

自動車メーカー系販売会社が売る中古車は、一般的に見て程度が良いケースが多い。たとえば、トヨタ系ディーラーでは自社で販売する中古車について「T-Value」というブランドをつけて展開している。わかりやすくいえばお墨付きを与える「認定中古車」のようなものと考えてもらえばいいだろう。

「日本の自動車メーカーや輸入車ブランドにおいて、認定中古車制度を導入しているケースは多いです。下取り車として引き取った中から、一定の基準をクリアした状態の良いものをピックアップして認定中古車として自社ディーラー併設の中古車展示場などで販売します。逆に認定中古車の基準からこぼれてしまった車両はオークションなどに出品して転売してしまいます」

次ページT-Valueの3つの安心
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?