中古車専門店を苦しめる「買い取り価格」競争

消費者はうれしいが、業者は赤字覚悟で勝負

IDOMが埼玉・大宮に構える車両展示型の小売店舗「WOW!TOWN」。中古車買い取り専業から小売りへの脱却を目指している(撮影:風間仁一郎)

「買い取った中古車をオークションで売却して得られる利幅は、この20年間で半減した」

中古車買い取り業界が不振にあえいでいる。業界最大手、IDOM(旧ガリバーインターナショナル)の阿部直揮・MDチームリーダーはそう語り、ため息をつく。

苦戦ぶりは業績にも表れている。IDOMは2016年2月期に売上高2000億円を突破するなど増収傾向にあるが、最終利益は2007年2月期に過去最高の65億円を計上して以降、ここ数年は20億~40億円の水準で停滞している。

ガリバーが吹き込んだ「買い取り専業」の新風

1994年、中古車業界に「買い取り専業」というスタイルで新風を吹き込んだのがガリバーだった。買い取った車両を2週間以内にオークションで卸売りすることをおきてとし、在庫リスクを最小化して利益を稼ぐビジネスモデルで急成長した。

当時は、買い取り専門の業態が少なかった時代だ。消費者から買い取った車を店頭に展示し、小売りすることで利ザヤを得るビジネスが主流だった。競合していたのは町の中古車販売店。彼らは小売店舗の運営費用がかさむうえ、在庫リスクを考慮して買い取り価格を上げづらかったため、ガリバーに対して買い取りの競争力で劣った。

しかしその買い取り専業モデルの誕生から20年以上が経つ今、大きな壁にぶち当たっている。買い取り専業はこの20年間で競争が激化した。「オークションでの卸相場は昔と変わらない水準」(前出の阿部氏)である一方で、買い取り価格はこの20年間上昇傾向にあった。買い取り事業者の利幅は狭まるばかりだ。

背景の1つには、ガリバーの急成長を横目に、買い取り専業への新規参入が大きく増えたことがある。アップルインターナショナルやカーチスホールディングスといった独立系だけでなく、トヨタ自動車系のT-UPや、日産カウゾーといったメーカー系、そしてオークション業界からの参入も相次いだ。

次ページ買い取り専業に立ちはだかった「敵」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT