「Now or Never(今でしょ)」で攻めるソニー

SONY再起動へ。打倒アップル・サムスンへの曙光(下)

同氏はソニーの強さを3つに分けて捉えているという。1つめは映像、オーディオ、デジタルイメージングの分野におけるオリジナリティの高さだ。

「ソニー社内にある映像技術、オーディオ技術、デジタルイメージング技術を精査していくと、それぞれに面白いものがたくさんあり、各々が事業部の中で進化させている。それらを自分たち(経営層)自身が、それぞれの商品カテゴリを理解し、投資を行い、社内での人や価値の循環を手助けしなけし、投資をしていく」(鈴木氏)。

五感はクラウド化できない

ソニーの4Kテレビは映像(視覚)、音響(聴覚)はもちろんのこと質感(触覚)にもこだわっている

これは平井社長が繰り返し発信している「五感に訴えることができる価値はクラウドやスマートフォンには転換することができない」というメッセージと重なる部分。高画質や高音質、質感や触感、動作感などは、簡単にマネできるものではないというのが、平井社長の主張だ。

ただし、これまでは各分野においてユニークな価値を持っていたものの、それが社内で循環する仕組みがなかった。鈴木氏は「現在は各事業部が、それぞれに技術やノウハウを高めていきつつも、(エントリーユーザーがスマートフォンにいることを意識し)モバイル機器での応用やつながりを意識して製品を作るようになった点が異なるという。

「ソニーのテレビやオーディオでのシェアはたかが知れてるという人もいるが、内在している価値とシェアは必ずしも一致していない。質の部分で勝負できるノウハウがあるからこそ、それを活かした戦略も展開できる」と鈴木氏は強調する。

次ページネットワークにおける強み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。