なぜ人々は、3Dプリンタに魅せられるのか

何でも自分で作ってみよう、ではない?

買ったのは、世界の最も先頭を行くギークたちだ。モノ作りが好きで、恐れを知らないそんな彼らが最初に手をつけたが、3Dプリンタはその後、予想以上の速さで一般の人々も注目するツールとなっていったのである。

NYに大工場を構えるまでに

メイカーボットはこれまで2万2000台以上の3Dプリンタを売り上げた。現在、同社は250人以上の従業員を抱え、ニューヨークのブルックリンに新しい大きな工場を構えている。ひょっとして同社こそ、アメリカに製造業を回復させる先駆けになるかもしれない。

NYの工場では250人以上を雇用(写真:同社HPより)

同社は今年、産業用の3Dプリンタのメーカーであるストラタシスに4億ドル以上で買収された。メイカーボットの成長を見込んでのことだ。買収後も、独自のラインで製品を開発していくという。

「クリエーティブな表現活動のためのインフラとなりたい」とペティスは言う。そして、クリエーティビティにおける試行錯誤の大切さを語る。

「うまくいくかどうかは別にして、トライしてみるというカオスに向かう力が世界にはあるんだ。変なアイデアかもしれない? そんなこと気にせずにやってみようよ」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT