ビジネスホテル、満室御礼でも伸び悩むワケ

競争激化と人件費高騰で業績はすでに踊り場

装置産業であるホテルにとって、満室状態になった以上、利益を増やすためには単価を上げるしかない。だが、2016年から2017年にかけて、ビジネスホテルの開業が大幅に増えたことに加え、関西では民泊などにも客が流れた。各社は稼働率の維持を優先したために、これまでのように単価を上げることができなかった。

人件費や先行投資を吸収するのがやっと

その結果起きたのが、高騰する人件費や先行投資を吸収するのがやっとという決算状況だ。人手不足のあおりを受けて、清掃などの人件費や建築費が高騰。「新店開業による地代家賃や備品、消耗品が上がっている」(東横イン)。アパグループもホテル事業の売上高は約17%伸びたが、利益の伸びは2%にとどまった。

懸念されるのはこうした状況が持続可能なのかどうかだ。不動産サービス大手CBREの調査によれば、2020年までに東京や大阪など8都市のホテルの客室数は2016年末比で32%増える見通し。そのうちの9割が宿泊に特化したタイプのため「差別化が重要になる」(ホテルを担当する土屋潔ディレクター)。

当記事は「週刊東洋経済」3月10日号 <3月5日発売>からの転載記事です

ただ、急な方向転換は難しい。アパグループは従来どおりの拡大戦略を続ける。大型のシングルベッドやテレビを標準仕様とするほか、2019年2月に国会議事堂前で高級仕様のホテルを、同年秋に横浜で約2300室の大型ホテルなど「ブランド力アップを見据えたホテルの展開を図る」(会社側)。

東横インも従来の「清潔・安心・値頃感」という方針を追求するという。

CBREの土屋氏は「2017年は転換点だった」と説明する。2020年を越えた先に誰が生き残るのか。好調なうちに各社は知恵を絞る必要がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT