阪神タイガースのエース候補が迎える正念場

秋山拓巳「今年ダメならという危機感がある」

阪神春季キャンプ、紅白戦でナックルカーブを投げる秋山拓巳=2018年2月12日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座(写真:日刊スポーツ新聞社)
プロ1年目の2010年にいきなり4勝を挙げながら、その後は一軍に定着できなかった大器が2017年にやっと覚醒――
阪神タイガースのエース候補が9年目のシーズンに大きく羽ばたこうとしている!
秋山拓巳(あきやま たくみ)投手の故郷・愛媛県で創刊されたスポーツマガジン『E-dge』で今シーズンの意気込みを語った。

2017年はチームトップの12勝

阪神タイガースは2005年以降、リーグ優勝から遠ざかっている。金本知憲監督が就任して3年目を迎える2018年シーズンの目標はV奪回。そのカギを握っているのがプロ9年目の秋山拓巳だ。

2009年ドラフト4位で入団した188センチ96キロの大型投手は、そのスケールの大きさからほかの投手以上の期待を集めてきた。プロ1年目の2010年に4勝を挙げ、大器の片鱗をのぞかせたものの、2年目からは一軍と二軍を行ったり来たり……。

しかし、2017年はそれまでの秋山とは違っていた。オープン戦の好調さをシーズンに入ってからも維持し、勝ち星をひとつずつ増やしていった。

秋山は昨シーズンをこう振り返る。

「やっと迷いがなくなって、それなりに自信がついて、積極的に投げられるようになりました。そこがいちばん大きかったですね。それまでは、『どうしよう、どうしよう……』のままで投げていたんですが、いまはそういうことはありません。マウンドで『いま、何をすべきか』がわかっているので、目の前のことをひとつずつやるだけです。『この状況なら、これをしよう』と思えるようになりました。『やるべきこと』と『そうでないこと』の整理整頓ができ、優先順位を付けられるようになったので、一つひとつ、少しずつ、それを片付けていきました」

次ページ2017年シーズンに覚醒
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。