阪神タイガースのエース候補が迎える正念場

秋山拓巳「今年ダメならという危機感がある」

4月12日に1勝目をマーク。その後、順調に勝ち続け、オールスターゲーム初出場も果たした。シーズンが終わったときには、12勝6敗、防御率2・99。11勝のメッセンジャーを抑え、タイガースの投手陣のなかでは勝ち頭になっていた(投球回数もチーム1)。横浜DeNAベイスターズとのクライマックスシリーズでは第2戦の先発を任された。

何を変えて、何を変えないのか

2005年以降、優勝から遠ざかっているチームのなかで、秋山にかかる期待は大きい。昨シーズン12勝を挙げ、チームの勝ち頭となったエース候補のさらなる成長がなければV奪回は難しい。

「去年は途中から週頭に投げさせてもらえるようになって、ピッチャー陣のなかでの順番が上がってきたのかなとは感じていました。しかし、ローテーションをしっかり守ることを心掛け、1週間に一度投げることに集中して、そこで自分の力を出すことだけを考えていました。

今年も「タイガースのローテーションの中心で」と期待されていると思います。そこで『オレが』という気持ちが出てきたときに、自分をどうやってコントロールできるのか――それが課題です。去年の開幕前とは立場が変わったと感じていますが、おごらないように」と秋山は言う。

データ全盛のプロ野球界で、前年の成績を維持することは難しい。何を変えて、何を変えないのか――秋山は難題に直面している。

「去年もシーズン中に『投球パターンがばれているな』と感じることがありました。おそらく今年は、各チームにかなり研究されるはず。でも、大事なのは、自分が何かを変えることよりも、ストレートの強さを身につけることではないかと思います。もちろん、スピードを求める気持ちもあって、150キロを投げたいのですが、同時にスピードだけじゃないとも考えています。とにかく、強いストレートを投げたい」

次ページリーグ優勝、日本一を目指して
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT