阪神タイガースのエース候補が迎える正念場

秋山拓巳「今年ダメならという危機感がある」

秋山は、140キロ台のストレートとスライダー、フォークをコントロールよく投げ分ける。2017年に与えた四死球はわずか16個。これは、両リーグ最少だった。ストレートに磨きをかけながら、さらにコントロールの精度を上げていくつもりだ。

「今年ダメなら…という危機感がある」

「これまでの8年間、ローテーションに入ることを目指してキャンプからアピールするということをやってきました。今年もポジションが確約されているわけではないので、のんびりするわけにはいかない。これまでどおり、同じ気持ちでキャンプに臨みました。

僕はタイガースに入団してから、一度も優勝をしたことがありません。昨年のクライマックスシリーズで悔しい思いもしました。日本一を目指して、日本シリーズのある11月まで野球をしていたいですね。

8年目でやっと数字を残せましたけど、若手がどんどん伸びてきているので、今年ダメなら……という危機感はあります。これまで結果が出なくてもユニフォームを着させてもらえましたから、これからチームに恩返しをしないと。少し成績を残したくらいで浮かれているわけにはいきません。また今年、結果を出せるようにしないといけない。どうやって結果を出すかをずっと考えています」

3年続けて活躍して初めて一流選手と認められるのがプロ野球の世界だ。やっと覚醒したタイガースのエース候補にとって、2018年が勝負の年になることは間違いない。秋山が抱く危機感がチームにも本人にもきっとプラスに働くはずだ。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT