阪神タイガースのエース候補が迎える正念場

秋山拓巳「今年ダメならという危機感がある」

秋山は、140キロ台のストレートとスライダー、フォークをコントロールよく投げ分ける。2017年に与えた四死球はわずか16個。これは、両リーグ最少だった。ストレートに磨きをかけながら、さらにコントロールの精度を上げていくつもりだ。

「今年ダメなら…という危機感がある」

「これまでの8年間、ローテーションに入ることを目指してキャンプからアピールするということをやってきました。今年もポジションが確約されているわけではないので、のんびりするわけにはいかない。これまでどおり、同じ気持ちでキャンプに臨みました。

僕はタイガースに入団してから、一度も優勝をしたことがありません。昨年のクライマックスシリーズで悔しい思いもしました。日本一を目指して、日本シリーズのある11月まで野球をしていたいですね。

8年目でやっと数字を残せましたけど、若手がどんどん伸びてきているので、今年ダメなら……という危機感はあります。これまで結果が出なくてもユニフォームを着させてもらえましたから、これからチームに恩返しをしないと。少し成績を残したくらいで浮かれているわけにはいきません。また今年、結果を出せるようにしないといけない。どうやって結果を出すかをずっと考えています」

3年続けて活躍して初めて一流選手と認められるのがプロ野球の世界だ。やっと覚醒したタイガースのエース候補にとって、2018年が勝負の年になることは間違いない。秋山が抱く危機感がチームにも本人にもきっとプラスに働くはずだ。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT