イヴァンカ「訪韓」が持つ重大な政治的意味

緊張緩和の鍵を握るのは2人のプリンセスだ

たとえば10日の南北会談では、当初はにこやかに韓国側と握手したものの、会談が始まると不遜な表情に一転させた。もちろんその映像が全世界に報道されることを意識した上での「演技」に違いない。

また9日の開会式では段下から握手を求めた文大統領に対し、体をかがめることもしなかった。「生まれながらの王女様」が“臣下”に頭を下げることはありえない。

父である故・金正日総書記からはその頭脳明晰さを高く評価され、「男だったら、跡取りにしたのに」と言わしめている。政治向きではない長兄・正哲氏や勉強嫌いの次兄・正恩氏よりも期待されていた与正氏。しかし母の高英姫氏は大阪生まれの在日朝鮮人2世というハンディもあった。また故・金日成主席が生前、高氏を息子の妻として受け入れていなかったとも伝えられ、その背景にはなかなか微妙なものがある。加えて与正氏が美貌の母よりも叔母の金敬姫氏の若い頃にそっくりである点も興味深い。

7歳年長のイヴァンカ氏とは対照的な存在のようにみえる。なんといっても、そのファッションの差は大きい。与正氏は華やかな服装は好まないようで、訪韓時も黒い毛皮付きコートやダークスーツなどを着用した。

11日に文大統領と共に三池淵管弦楽団の公演を鑑賞した時は白いジャケットを羽織っていたが、服装に色味がない。「閉ざされた国の王女」は化粧すらしていないように見える。

2人には共通項も多い

ところが2人には共通項も多い。まずは父親が国のトップで、その父はともに華やかな女性関係を持った。イヴァンカ氏の母はそれが原因で離婚し、与正氏の母はそれにより王妃の地位を手に入れた。2人とも既婚で子どもがいる点も共通項だ。

そして何よりの共通項は、その存在が最大限の政治色を出しつつも、実は決定権はないこと。イヴァンカ氏の代表団にはそうそうたる北朝鮮の専門家が同行している。フッカー補佐官はオバマ政権から朝鮮問題を担当し、先日のマイク・ペンス副大統領の訪韓にも同行した。

2014年11月には北朝鮮に拘束されていたケネス・ペ氏の解放のために訪朝し、金英哲労働党副委員長兼統一戦線部長と面識がある。その金氏ら北朝鮮の代表団は25日午前、平昌オリンピック閉会式に出席するために陸路で韓国に入った。

文大統領は金氏と会談する予定だが、金氏は韓国人兵士47名が犠牲になった2010年3月の韓国海軍哨戒艦沈没事件を指揮したとされ、その訪韓に遺族たちが強く反発している。

トランプ大統領はイヴァンカ氏が訪韓した23日、「北朝鮮に史上最も重い制裁を課す」と制裁案を発表したが、その一方で平昌では米朝が水面下で接触するという噂も消えてはいない。

高度な駆け引きに興じる米国と北朝鮮だが、2人のプリンセスがそのキーパーソンになる可能性は濃厚だ。彼女たちが台頭すれば、新しい外交の幕開けになるかもしれない。

いずれにしろ、2人のプリンセスからは、単なる操り人形に収まるつもりはないという強い意思が滲み出ていた。男性陣の手のひらに乗るように見せつつ、自身の存在感をアピールし、さらなるステップアップへの足掛かりとするのだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT