簡単!部屋が散らからない人の「習慣とコツ」

ライフハックの達人の整理整頓術

ライフハックの達人はどうやって整理整頓しているのでしょうか(写真:mykeyruna / iStock)
年末年始に家も仕事も「大掃除」をした人も多いと思いますが、毎日を快適に過ごすことができていますか? 生活・仕事で使えるワザを網羅する『ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250』を書いた、研究者でブロガーの堀正岳氏に「快適生活のコツ」を紹介していただきます。

片づけを始める前にスマホで撮影

気をつけていても、すぐ部屋やデスクが散らかってしまう――。そんな悩みを持つ人は少なくないはずです。

みなさんは整理整頓をするときに、なんとなく目についたところから手を付けていないでしょうか。しかし、どんな部屋にしたいのか、イメージがないまま手を動かしても達成感はなかなか得られませんし、思いどおりに整理できたという楽しさは生まれません。

そこでおすすめしたいのが、スマートフォンを取り出して「部屋の写真を撮影するところから始める」方法です。

机の上、引き出しの中、部屋の様子など、整理したい場所を撮影したら、写真の編集機能を利用して「このような部屋にしたい」というイメージを画像に直接書き込んでおきます。

「このような部屋にしたい」というイメージを画像に書きこむ(筆者撮影)

こうして写真にして見てみると、部屋の様子を客観視できるため問題点が浮かび上がってくることに気づくはずです。あとはこの写真を、ビフォー・アフターのビフォーと考えて、理想の状態(アフター)に向かって作業してゆくように整理します。

整理ができたなら、終了したときの状態も撮影して保存しておくとよいでしょう。引き出しの中や、本棚の並びなど、「この状態が正解」という配置があれば、次に整理するときに楽することができます。

次ページ「机の表面は聖域」と考える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。