ファンに応援される会社は一体何が違うのか

「ベンチャーウイスキー」社のケーススタディ

秩父産のウイスキーを実現した快挙を取り上げます。写真はイメージ(写真:Roxiller / PIXTA)
消費者が単に商品やサービスを受け取る立場としてだけでなく、そのブランドを自らがプレーヤーとなり応援するケースも増えています。『応援される会社 熱いファンがつく仕組みづくり』の中から埼玉県秩父市の「ベンチャーウイスキー」社の事例を取り上げます。

世界で最も権威のあるウイスキー品評会のシングルカスクシングルモルト・ウイスキー部門で、「ベンチャーウイスキー」社の「イチローズモルト 秩父ウイスキー祭2017」が世界最高賞を初受賞した。蒸留所のある埼玉県秩父市は、同社・肥土(あくと)伊知郎社長の生まれ故郷であり、質の良い水と気候の寒暖差という絶好の環境を備えている。「秩父産のウイスキーを飲みたい」と語り続けた彼の夢がもたらした快挙であった。

父の経営していた造り酒屋が他社に譲渡され、残された400樽分の原酒を元手に、肥土氏は最初のイチローズモルトを造り上げる。

メルシャン(軽井沢)やスコットランドの蒸留所で修業・研究を重ねていたため、商品の品質には絶対の自信はあったが、やはり知名度がない。そこでバー巡りという地道な営業活動を開始する。自分の造ったウイスキーを試飲してもらいながら、バーテンダーや来店客に「日本産」の夢を語る日々が続いた。2年間で延べ2000軒を巡ることで、横のつながりが強いウイスキー愛好家の間では一種の有名人にもなる。クチコミで小売店を紹介してもらうなどして、最終的に600本の商品を売り切ることに成功した。

熟成期間中、売る商品がない

2008年にようやく製造免許が下りるが、ウイスキーは最低3年間の熟成期間が必要なので当面売る商品がない。当時ウイスキーといえば完全に右肩下がりの市場にあり、金融機関も開業資金を貸し渋る。そこで秩父に蒸留所を造る際には、バー巡りで知り合ったオーナーバーテンダーたちに一樽38万円で樽の先行販売を行い、資金を集めた。モルトドリームカスクという手法である。

「そのウイスキーができたら、ウチでも取り扱いますよ。頑張ってください」というバーテンダーたちの声は単なる社交辞令ではなく、肥土氏の造ったテイストと、その熱意に対する真の賛辞であったのだ。

今日、日本各地にクラフトディスティラリー(蒸留所)が続々と誕生、日本のウイスキーは新時代を迎えている。その先鋒を果たしたのは「秩父」であり、肥土氏の掲げた夢なのであった。

次ページ自分の会社との共通項は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。