「シンガポールはつまらない」自虐動画の全貌

短期間の滞在では決して見えない本当の味

3つの超高層ビルを屋上で連結した構造の「マリーナベイ・サンズ」は、シンガポールを象徴する随一の5つ星ホテルだ(筆者撮影)

「シンガポールは“つまらない”」

先週、シンガポール政府の関連機関である「シンガポールツーリズムボード」が、突如こんな動画をFacebook上にアップした

シンガポールの観光誘致を推し進めるはずの機関が、なぜわざわざPRの逆をいくかのごとく「つまらない」と自虐する動画をアップしたのか?

シンガポールは「つまらない」!?の理由

そもそも、この動画がアップされたきっかけは、TimeOutというウェブメディアが1月30日に発表したランキングにある。世界で最もエキサイティングな都市を、文化や食べ物、住みやすさ、幸福度などを基準に、世界32都市の15000人を対象にアンケート調査したのだが、シンガポールが見事ワースト2位に輝いてしまったのだ。特に、「文化」では最下位を記録、音楽やナイトライフにおいても低い点数をつけている。

このランキングが先月末に発表されるやいなや、シンガポールツーリズムボードが作成したのが先述の動画だ。動画は「VisitSingapore」というシンガポール観光のオフィシャルFacebookページに投稿された。

動画はまず、きらびやかに輝くマリーナベイ・サンズに向かって、勢いよく水を噴くマーライオンというおなじみの映像を映し出す(少し古くなるが、日本では元スマップのメンバーが登場して、軽快に屋上プール沿いを歩くソフトバンクのCMで知る人も多いだろう)。

そこに載せられている字幕が挑戦的だ。

「ここには興奮するようなことは何もない」(画像:Singapore Tourism Boardが作成した動画より)

「イエス、シンガポールはつまらない」

シンガポールの輝きの象徴とも言える景観に、「つまらない」とデカデカと載せたかと思えば、中心部から気軽に行けるリゾート地・セントーサ島のユニバーサルスタジオや、世界中から多くの観客が熱狂する一大イベント・ F1シンガポールグランプリなど、次々に映し出されるシンガポールの華やかな映像にも「ここには興奮するようなことは何もない」とのコメントが踊る。

次ページすべてがコンクリート?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。