東京ディズニー、「30周年」で台風も蹴散らす

上半期は入場者数最高、年間3200万人も射程

アジア最強のテーマパークの勢いはとどまるところを知らない。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーからなる、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは10月1日、2013年度上半期(13年4~9月)の入場者数速報を発表した。この半年間の東京ディズニーリゾート全体の入場者数は合計1535万人にも達し、過去最高だった前年同期(12年4~9月期)の1325万人から、さらに200万人以上も上積みしている。

最近の上半期・下半期別の入場者数を見るかぎり、東日本大震災が影響した2010年度と11年度を除けば、どの年度も下半期のほうが100万人前後多くなっている。オリエンタルランドは今のところ、期初に掲げた今年度の年間入場者数目標2770万人を修正していないが、上半期の勢いが続くなら、3000万人大台はおろか、3200万人近くまで膨らむ可能性もある。

30周年効果で両パークとも伸びる

東京ディズニーリゾートの上半期の入場者数が大きく伸びたのはなぜか。それは4月15日から来年3月20日まで340日間の日程で開かれている、東京ディズニーランドの開業30周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」の効果によるところが大きい。

次ページ準備した集客策とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT