東京ディズニー、「30周年」で台風も蹴散らす

上半期は入場者数最高、年間3200万人も射程

アジア最強のテーマパークの勢いはとどまるところを知らない。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーからなる、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは10月1日、2013年度上半期(13年4~9月)の入場者数速報を発表した。この半年間の東京ディズニーリゾート全体の入場者数は合計1535万人にも達し、過去最高だった前年同期(12年4~9月期)の1325万人から、さらに200万人以上も上積みしている。

最近の上半期・下半期別の入場者数を見るかぎり、東日本大震災が影響した2010年度と11年度を除けば、どの年度も下半期のほうが100万人前後多くなっている。オリエンタルランドは今のところ、期初に掲げた今年度の年間入場者数目標2770万人を修正していないが、上半期の勢いが続くなら、3000万人大台はおろか、3200万人近くまで膨らむ可能性もある。

30周年効果で両パークとも伸びる

東京ディズニーリゾートの上半期の入場者数が大きく伸びたのはなぜか。それは4月15日から来年3月20日まで340日間の日程で開かれている、東京ディズニーランドの開業30周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」の効果によるところが大きい。

次ページ準備した集客策とは?
人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。