東京ディズニー、「30周年」で台風も蹴散らす

上半期は入場者数最高、年間3200万人も射程

アジア最強のテーマパークの勢いはとどまるところを知らない。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーからなる、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは10月1日、2013年度上半期(13年4~9月)の入場者数速報を発表した。この半年間の東京ディズニーリゾート全体の入場者数は合計1535万人にも達し、過去最高だった前年同期(12年4~9月期)の1325万人から、さらに200万人以上も上積みしている。

最近の上半期・下半期別の入場者数を見るかぎり、東日本大震災が影響した2010年度と11年度を除けば、どの年度も下半期のほうが100万人前後多くなっている。オリエンタルランドは今のところ、期初に掲げた今年度の年間入場者数目標2770万人を修正していないが、上半期の勢いが続くなら、3000万人大台はおろか、3200万人近くまで膨らむ可能性もある。

30周年効果で両パークとも伸びる

東京ディズニーリゾートの上半期の入場者数が大きく伸びたのはなぜか。それは4月15日から来年3月20日まで340日間の日程で開かれている、東京ディズニーランドの開業30周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」の効果によるところが大きい。

次ページ準備した集客策とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT