東京ディズニー、「30周年」で台風も蹴散らす

上半期は入場者数最高、年間3200万人も射程

アジア最強のテーマパークの勢いはとどまるところを知らない。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーからなる、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは10月1日、2013年度上半期(13年4~9月)の入場者数速報を発表した。この半年間の東京ディズニーリゾート全体の入場者数は合計1535万人にも達し、過去最高だった前年同期(12年4~9月期)の1325万人から、さらに200万人以上も上積みしている。

最近の上半期・下半期別の入場者数を見るかぎり、東日本大震災が影響した2010年度と11年度を除けば、どの年度も下半期のほうが100万人前後多くなっている。オリエンタルランドは今のところ、期初に掲げた今年度の年間入場者数目標2770万人を修正していないが、上半期の勢いが続くなら、3000万人大台はおろか、3200万人近くまで膨らむ可能性もある。

30周年効果で両パークとも伸びる

東京ディズニーリゾートの上半期の入場者数が大きく伸びたのはなぜか。それは4月15日から来年3月20日まで340日間の日程で開かれている、東京ディズニーランドの開業30周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」の効果によるところが大きい。

次ページ準備した集客策とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT