東京ディズニー、「30周年」で台風も蹴散らす 上半期は入場者数最高、年間3200万人も射程

印刷
A
A

このうち、直近で両パークとも入場制限がなされた9月22日は、3連休となった9月21~23日の中日。その1週間前の3連休だった9月14~16日は台風18号が直撃し、さすがの東京ディズニーリゾートも入場者数は落ち込んだもよう。

9月の入場者数も過去最高

だが結局、そのとき来場できなかった人々が1週間後に“振り替え”で来場したためか、差し引きで大きな影響は出ていない。事実、9月の月次入場者数は、過去の同月との比較では過去最高を更新している。

そもそも東京ディズニーリゾートのアトラクションは、「屋外施設が多いという一般的なイメージとは異なり、実は屋内施設が多い。中に入ってしまえば天候の影響は受けない」(オリエンタルランド)という。

東京ディズニーリゾートの最寄りの交通手段であるJR京葉線も、台風18号来襲時はダイヤの面では多少乱れたものの、運行は続けていた。

業績の上振れは必至

上半期全体で見た場合、雨天日は前年度の47日に比べ、今年度は39日と減っており、オリエンタルランドでは「むしろ天候には恵まれた」と振り返る。

足元での入場者数の勢いが続くかぎり、オリエンタルランドの今2013年度業績は上振れが必至だ。同社は入場者数2770万人を前提にした期初計画を現時点でも変えておらず、売上高4137億円(前期比4.6%増)、営業利益827億円(同1.6%)ときわめて控えめな業績を見込んでいる。

今年度上半期の決算発表は10月30日を予定している。過去最高を大きく上回ったこの半年間の入場者数が、売り上げや営業利益など業績数字にどう反映されるか。大きな注目を集めそうだ。

(撮影:尾形 文繁)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT