燃焼する体を作る「たんぱく質20g」の目分量

太りやすい人、痩せたい人に教えたい

1食「たんぱく質20g食」 で燃焼ボディをつくる!(写真:gontabunta / PIXTA)
「今年こそ痩せる!」と誓ったのに、太ったまま終わってしまったという人。 痩せなかったのは、ダイエット法が間違っていたからかもしれません。2018年こそ、確実に結果が出るやり方を試してみませんか。

たんぱく質が足りないと脂肪を燃焼しにくい体に

カロリー制限、糖質オフダイエットなど、食事制限系のダイエットをやめた途端に元の体重以上にリバウンド。これは、たんぱく質不足が原因のひとつ。

「食事制限を始めると、太りそうなイメージのお肉や乳製品を避けて、たんぱく質が不足することがあります。たんぱく質は、代謝を上げる筋肉はもちろん、すべての細胞の材料になるもの。また、たんぱく質を含む肉や魚には、代謝をサポートするビタミンB1やB2が含まれています。つまりたんぱく質をとらないと、燃焼しにくい体をつくることに。目安は1食につき20g。たんぱく質は腹持ちがいいので、食べれば満足度が上がり、間食も減らせます」(管理栄養士の安中千絵さん)

Q.どうしてたんぱく質が必要なの?

A.筋肉や細胞のもとたんぱく質がないと脂肪は燃えない

たんぱく質は、細胞、血管、筋肉など、体を構成するもとになるもの。たんぱく質が不足すると血流も悪くなり、筋肉の材料がなくなるので、代謝が落ちて、脂肪が燃えにくくなる。運動をしなくても必要不可欠な栄養素なのだ。

Q.どれくらいとればいいの?

A.体重1kgにつき1g程度。1食20gを目標にとる

たんぱく質は体重1kgにつき1g程度が目安。ただし、肉を70gとったからといって70gのたんぱく質が含まれているわけではない。それぞれの食品のたんぱく質量をチェックして、1食につき数種の食材から20gとるのを目標に。

次ページさまざまな種類のたんぱく質をとるようにしよう
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • コロナ後を生き抜く
  • テレビのミカタ
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT