フランスの経済エリート 葉山滉著

フランスの経済エリート 葉山滉著

フランスには「カードル」と呼ばれる高学歴ホワイトカラー階層がある。同国の経済エリートで、大企業経営者の輩出源でもある。就業者2500万人のうち、ホワイトカラーは約7割、1割弱がカードルに該当する。この管理職・高度専門職の比率はこのところ一貫して増え、フランスの経済社会の中核を担う。本書は、そのカードルの雇用システムを中心に、養成、供給の仕組みから年金制度、労働組合まで、歴史に言及しつつ、聞き取り調査によって実態を明らかにする。

カードルの供給源は大学と、もう一つの高等教育機関であるグランドゼコールの役割が大きい。もともとグランドゼコールは高度な専門職業人の養成を目的とし、その淵源は18世紀にさかのぼるほど。最近は日本からの留学も少なくなく、特に女子学生の評判のよさを耳にしたという。

ホワイトカラーの国際比較研究は、日英米独が中心でフランスは手薄だったが、その穴を埋める労作。

日本評論社 1680円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。