パナ津賀社長「事業は合理的ではない」の本意

「東京に何でもかんでも集中はおかしい」

やっている事業が必ずしも合理的なものであるとは思わない、と津賀社長は言う(撮影:ヒラオカスタジオ)
巨額損失を乗り切り、新たな主戦場として、電気自動車(EV)の成長に懸けるパナソニック。「パナ津賀社長が考える35事業部制のさばき方」(2月9日配信)に続いて、パナソニックの津賀一宏社長を直撃した。

創業者・松下幸之助の言葉とその意味

長田貴仁(以下、長田):パナソニックを取材すると、今もなお、創業者の松下幸之助さんを尊敬している方が多い。もっとも、企業文化が濃い会社なので、「他の宗派」の人は入社してこなかったのかもしれません。だから、良い意味でも悪い意味でも「金太郎飴」と言われた。しかし、創業から100周年を迎え、組織が巨大になりグローバル化してくると、松下幸之助精神も「セレモニー宗教」のようになってきている節も見られます。幸之助哲学を尊重されているとすれば、具体的にどのような形で経営に生かしておられるのでしょうか。

津賀一宏(以下、津賀):格好よく言えば、「経営理念は変えてはいけない」ということになろうかと思います。では、経営理念とは何なのか。その中で最も重要なものは何なのか。そのことを皆と議論しながら、潜在意識の中に入れていかなくてはならないのでしょう。

私も社長にならなかったら、あまり、そのようなことも考えなかったかもしれません。しかし、社長になると気にもなりますし、口に出して説明させていただく機会も増えましたので、十分理解しておく必要にも迫られます。その社長ですら経営理念を網羅的、体系的に理解しようとも思わない。むしろ、最も大事なものは何なのか、と。

たとえば、「素直な心」(松下幸之助は「素直な心とは、寛容にして私心なき心、広く人の教えを受ける心、分を楽しむ心であります。また、静にして動、動にして静の働きのある心、真理に通ずる心であります」と述べている。つまり、お互い人間が最も好ましい生き方を実現していくには、それにふさわしい考え方や行動をすることが大切で、その根底になくてはならないものが「素直な心」であるという)。

次ページ必要なときに、その知識、経験に立ち戻らない手はない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT