サムスン電子、2017年の営業利益5.3兆円

メモリー需要強く過去最高の利益を計上

 1月31日、韓国のサムスン電子が発表した2017年第4・四半期の営業利益は、前年同期比64.3%増の15兆1500億ウォン(141億2000万ドル)となった。メモリーチップの強い需要が主な背景。写真は同社のロゴ。昨年8月にソウルの同社本社ビルで撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 31日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>が発表した2017年第4・四半期の営業利益は、前年同期比64.3%増の15兆1500億ウォン(141億2000万ドル)となった。メモリーチップの強い需要が主な背景。

同社が発表していた見通し(15兆1000億ウォン)とほぼ一致した。売上高は23.7%増の66兆ウォンで、こちらも見通しと一致した。

これを受け、17年通期の営業利益は53兆7000億ウォンの過去最高を記録。メモリーチップ需要は今年も力強いとの見通しを示したほか、1株を50株に分割すると発表した。この発表を受け、株価は一時8%超上昇した。

サムスンは声明で「中長期的には、コンポーネント事業が新たな製品利用によって需要が拡大するとみている」と述べた。

モバイル事業の第4・四半期利益は2兆4000億ウォンで、前年同期の2兆5000億ウォンから減少した。

調査会社カウンターポイントによると、今年のモバイル事業は前年比1─2%の出荷増が見込まれるが、欧州やアジア市場などで中国メーカーと競合しており、サムスン製スマートフォンの見通しは不透明だという。

ディスプレー事業の第4・四半期利益は1兆4000億ウォンで、前年の1兆3000億ウォンから増加。アナリストによると、今年はアップルの「iPhone(アイフォーン)」や自社製品に搭載された有機ELスクリーンの販売がディスプレー事業の利益拡大に寄与する見込み。

また先に発表した株主還元策の一環として、1株当たり2万1500ウォンの年度末配当も発表した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT