OOTEMORIが狙うオフィス女子の“止まり木”

大手町に出現した「森」の正体とは?

大手町のど真ん中に誕生した人工の森。200本以上の高木が植えられている

郊外の山野と見まごう、鬱蒼と茂った樹々。秋晴れの空から降り注ぐ木漏れ日が心地いい――。実はここ、東京・大手町のオフィス街のど真ん中。10月2日に開業する商業施設「OOTEMORI(オーテモリ)」に隣接する「大手町の森」である。

地下2階のロビーには木漏れ日が降り注ぐ

約3600平方メートルの森が出現したのは、東京メトロ東西線の大手町駅の真上。ここはかつて、みずほ銀行大手町本部ビル(旧富士銀行本店)と大手町フィナンシャルセンターがあった場所だ。

大手町の森は、8月30日に新たに「大手町タワー」(地上38階、地下6階)として生まれ変わったビルの西側に位置する。敷地全体の約3分の1の面積に、200本以上の高木が植えられている。

女性目線で店舗づくり

この森に集うのは鳥や小動物ではない。大手町や丸の内に勤務するオフィス女子だ。地下1階と地下2階にオープンする25店舗は、これまで周辺エリアには数少なかった「女性が使いやすく、入りやすい店」(開発を手掛けた東京建物)が中心となっている。

次ページどんなお店があるのか?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。