OOTEMORIが狙うオフィス女子の“止まり木”

大手町に出現した「森」の正体とは?

大手町のど真ん中に誕生した人工の森。200本以上の高木が植えられている

郊外の山野と見まごう、鬱蒼と茂った樹々。秋晴れの空から降り注ぐ木漏れ日が心地いい――。実はここ、東京・大手町のオフィス街のど真ん中。10月2日に開業する商業施設「OOTEMORI(オーテモリ)」に隣接する「大手町の森」である。

地下2階のロビーには木漏れ日が降り注ぐ

約3600平方メートルの森が出現したのは、東京メトロ東西線の大手町駅の真上。ここはかつて、みずほ銀行大手町本部ビル(旧富士銀行本店)と大手町フィナンシャルセンターがあった場所だ。

大手町の森は、8月30日に新たに「大手町タワー」(地上38階、地下6階)として生まれ変わったビルの西側に位置する。敷地全体の約3分の1の面積に、200本以上の高木が植えられている。

女性目線で店舗づくり

この森に集うのは鳥や小動物ではない。大手町や丸の内に勤務するオフィス女子だ。地下1階と地下2階にオープンする25店舗は、これまで周辺エリアには数少なかった「女性が使いやすく、入りやすい店」(開発を手掛けた東京建物)が中心となっている。

次ページどんなお店があるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT