トランプは「北朝鮮への特使」に誰を選ぶのか

ディ―ルの天才が描く対北朝鮮戦略とは?

トランプ大統領は「アメリカン・ジャスティス(米国の正義)」を守ることができるのだろうか?(写真:AFP/アフロ)

ドナルド・トランプ米大統領は就任1年の節目に、多くの単独インタビューを受けた。その中で、「北朝鮮の金正恩氏との電話会談をしたのか」との問いに対して、「これまで会話したかどうかは述べたくない」と答えている(参考:トランプ大統領が単独取材で語った10のこと)。

この連載の一覧はこちら

何事にもズバリと言ってのけることが多いトランプ氏にしては微妙な答弁だ。その一方で、「金正恩氏と良い関係を持ちたい」とも、あるインタビューで述べている。

これはいったい何を意味しているのだろうか。一部のメディアで米朝軍事衝突も不可避という観測も飛び交うなかで、トランプ氏の真意は何なのか。そこで見逃してはならないのは、トランプ氏が「ディ―ル(取引交渉)の天才的芸術家」として、ウォール街の誰しもが認める強力なネゴシエーション力の持ち主ということだ。

トランプ氏は「無名な特使」を派遣する?

そのネゴシエーション力は、バラク・オバマ前大統領やビル・クリントン元大統領のそれを上回っている。若きエリートとして一気に頂点に立ったクリントン、オバマ両氏は、演説や討論会の場でも、内面の激しい感情が「表情」に表れる癖があった。それに対して、トランプ氏は、長年、複雑なネゴシエーションを経験したこともあり、激しいのだが、同時に安定さがあり、余裕もあると筆者は判断している。

天才ネゴシエーターのトランプ氏ならば、金正恩氏とのトップ同士の電話会談だけでなく、さまざまなネゴシエーション戦略を考えているはずだ。これまでのトランプ氏の言動に基づいて分析すると、「無名な特使の派遣」という選択肢が、ネゴシエーション戦略の方向性の1つに入っていると考えることができる。

では、なぜネゴシエーション戦略でなければならないのか。なぜ無名の特使を派遣する可能性があるのか。

次ページかつて冷戦時代の米ソ軍縮交渉のときのように
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT