ミュラー氏による捜査が幕引きへ向かうワケ

カギは米国憲法で確定された大統領権限

ロバート・ミュラー特別検察官の次の一手は?(写真:REUTERS/Joshua Roberts)

12月15日、CNNがネット発信した情報は驚くべきものだった。ロバート・ミュラー特別検察官によるロシア疑惑捜査が、比較的近いうちに手じまいされる確率もゼロではないというのだ。そういう筋書きが現実味を帯びつつあるという可能性を、「反トランプ」と一般的に認識されているCNNが、珍しく客観的に伝えているのだ。

その後、トランプ陣営の新政権移行チームの弁護団から、ミュラー氏側が違法な証拠収集をしているというクレームが出され、そのやり取りをめぐってメディアで大騒ぎとなっている。トランプ陣営の上記弁護団によると、ミュラー氏側はトランプ陣営に事前通告せずに、政権移行チームによる数多くの私的メールを違法取得していたというのだ。もちろん、ミュラー氏側はその疑いを否定しようとしている。

大統領がミュラー氏をクビにする?

この連載の一覧はこちら

ただ、CNNが報じた「早期手じまい」の可能性は消えていない。これ以上、ミュラー氏がだらだらと捜査を続けるようなら、大統領が激怒して、ミュラー氏をクビにするのではないかと、CNNのテレビリポーターは伝えている。トランプ大統領は、「ミュラー氏をクビにしない」とさらりと述べ、「だが、多くの法律家たちは怒っている」と記者団に語っている。

CNNによると、ミュラー特別検察官は捜査範囲を広げるのではなく、トランプ大統領がジェームズ・コミー前FBI長官を解任した点に絞って、書類捜査をしているようだという。その一点に絞っているという方向性が出ているのであれば、捜査完了前の手順として、自然かもしれない。

なぜ、そういう動きになってきたのか。それには、前回の本稿「トランプ大統領は追い詰められてはいない」で紹介した、アラン・ダーショウィッツ、ハーバード大学ロースクール名誉教授の明晰な法解釈がモノを言っている、と筆者は推理している。

次ページ大統領に与えられた憲法上の権限とは?
関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。