日本のメディアが見逃した「トランプの幸運」

アジア歴訪のタイミングで追い風が吹いた

11月7日、ソウルに到着したトランプ大統領(中央)(写真:ロイター/Jonathan Ernst)

ドナルド・トランプ米大統領の「ロシアゲート」疑惑を捜査しているロバート・ミュラー特別検察官は、10月30日、昨年の大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めたポール・マナフォート氏らを起訴したことを明らかにした。

この連載の一覧はこちら

ただ、マナフォート氏がトランプ陣営にかかわったのは、昨年5月から8月までの3カ月であり、今回の起訴はその期間を対象にしたものではない。その起訴について、トランプ大統領は「マナフォート氏が選挙陣営に加わる何年も前のことだ」と、すぐさまツイッターで反応した。マナフォート氏の弁護士も、その起訴内容とトランプ氏とは関係ないと明言している。

今回のミュラー特別検察官の訴追には、マナフォート氏らがウクライナをめぐるロビー活動で多額報酬を受け取っていたほか、脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)、米当局への虚偽申告などの疑惑が背景にある。

民主党にとって地球が揺れているような衝撃

このマナフォート起訴のニュースは、日本のメディアでも大きく報じられた。マナフォート氏は無罪を主張しているが、トランプ陣営の選挙キャンペーンにかかわったジョージ・パパドポロス氏が、FBI(連邦捜査局)への偽証について、有罪の答弁をしたことも報じられた。

ところが、日本のメディアが見落としているビッグニュースがある。それはロビイストとして著名な人物がロビイスト企業トップを辞めたというニュースだ。なぜ辞めたのか。その理由は、ミュラー特別検察官の捜査の手が伸びてきたからだといわれている。

次ページその人物の名は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT