トランプ氏、認知力テスト満点だが減量必要

「みんなが思うより運動している」と豪語

 1月17日、71歳のトランプ米大統領(写真)は、ゴルフコースやホワイトハウスで体をよく動かしていると、ロイターに語った。ワシントンのホワイトハウスで撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領がジムに行くことなど、期待してはならない。それが主治医の指示だとしてもだ。71歳の大統領は、ゴルフコースやホワイトハウスで体をよく動かしていると、ロイターに17日語った。

「歩いたり、あれやこれやと体を動かしている」。トランプ大統領は、大統領執務室で行われたインタビューでこう述べた。「隣の建物まで走っていく。皆が思うよりも、運動している」

ホワイトハウスのロニー・ジャクソン医師は16日、大統領就任後初めて公表されたトランプ氏の健康診断結果について、認知力の検査をクリアしたほか、全体的な健康状態も良好だったと明らかにした。

ただ、食生活の改善や運動を通じて、体重を最大で15ポンド(約6.8キロ)減らす必要があると述べていた。

ファストフードが大好物なトランプ大統領は、歴代大統領の主治医として仕えてきた同医師を称賛しつつも、ホワイトハウスのジムでの運動を勧められたことに対しては慎重な姿勢を見せた。

「多くの人がジムに行って2時間ほど運動するが、55歳くらいになるとひざや腰を痛める人を目にしてきた。私にはそうした問題はない」と大統領は語った。

食生活を変えることには前向きな姿勢を示し、ホワイトハウスでの食事の量を減らせるかもしれないと述べた。

「ホワイトハウスの料理人は最高だ」

前任のオバマ前大統領(民主党)とジョージ・W・ブッシュ元大統領(共和党)はフィットネス愛好家だったが、トランプ大統領には毎日運動する習慣がない。ゴルフで体を動かしていると言うが、コースではカートで移動しているという。コースで歩くと時間がかかるとし、「時間をかけたくない」とトランプ氏は語った。

同氏の身長は約1メートル90センチ、体重は約108キロで、太り過ぎと見なされ、肥満のボーダーラインにある。

トランプ大統領は「たいていの人は数ポンドくらいは落とせる」と述べた後、部屋にいたロイター記者を見回して「かなり良い体形だね」と語った。

精神面に関しては、トランプ氏はすぐさま認知力テストで満点だったことを挙げ、オバマ、ブッシュ、クリントンの歴代大統領が北朝鮮の脅威を抑制するために大したことはできなかったと、皮肉を交えた。

「彼らは全員、テストで最高得点を記録した大統領に任せなければならないと気づいたはずだ」

また身体面では、過去にダイエットに成功したことがある、と明かした。

「私はいつだってダイエットできると信じている。なぜなら私は強いからだ。遠くにボールを飛ばせる。強靭(きょうじん)な肉体だということだ」とトランプ大統領は語った。

「ホワイトハウスの料理人は最高だ。だが、量を少し減らせるかもしれない。脂肪分もね。それでも私はオーケーだ」

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。